ケンコー・トキナー、キヤノンRFマウント用の超広角レンズ『SAMYANG AF 14mm F2.8 RF』を発売


株式会社ケンコー・トキナーは、キヤノンRFマウントに対応したSAMYANGの超広角レンズ『SAMYANG AF 14mm F2.8 RF』を1月24日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は92,800円(税込)。

『SAMYANG AF 14mm F2.8 RF』は、歪みを最大限補正した鮮明な画質を実現し、さらにAF等カメラとの連動を確保することで利便性を高めている。AF-MF切替スイッチや、シートフィルターに対応するリアフィルターホルダーも備えており、防塵・防滴に配慮したウェザーシーリング設計となっている。

 

主な特長

■ミラーレスカメラに最適化した小型・軽量設計
ミラーレス専用設計により、コンパクトでありながら113.9°の画角、迅速かつ正確なAF機能で、広い視野を楽しむことができる。さらに全長9.5cm、重さ484gというコンパクトさ。ミラーレスカメラに最適化させた専用レンズ。

■歪みを最小化&優れた性能
非球面レンズ3枚、高屈折レンズ1枚、低分散レンズ2枚と、6枚の特殊レンズを採用することで、収差の抑制や歪みの最小化など、超広角でも中心から周辺まで優れた解像度を実現。

 

 

仕様

●焦点距離:14mm
●最短撮影距離:0.2m
●明るさ:F2.8-F22
●最大撮影倍率:0.12倍
●レンズ構成:10群14枚
●画角:113.9°(フルサイズ)・89.8°(APS-C)
●絞り羽根:7枚
●大きさ:Φ86mm×95.3mm ●AFモーター:リニアSTM
●質量:484g

 

◉製品情報
https://www.kenko-tokina.co.jp/camera-lens/samyang/af14mm_f28_rf.html

株式会社ケンコー・トキナー
http://www.kenko-tokina.co.jp/