タムロン、初のニコン Z マウントシステム対応レンズ70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD を開発発表


株式会社タムロンは、同社初となる「ニコン Z マウントシステム」対応、35mmフルサイズミラーレス一眼対応の望遠ズームレンズ、『70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD (Model A047)』の開発を発表した。発売は2022年秋予定で、価格は未定。

『70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD 』はミラーレス専用設計や望遠側のF値をF6.3 と設定することなどにより、フルサイズ対応ミラーレス用望遠ズームレンズとして世界最小・最軽量の長さ150.3mm、最大径φ77mm、質量580gを実現。本格的な望遠ズームレンズならではの圧縮効果と引き寄せ効果を気軽に体験することができる。

最新の設計技術による徹底したシミュレーションに基づく光学設計で、コンパクト性と高画質の両立に成功。LD (Low Dispersion: 異常低分散)レンズを適切に配置した10群15枚のレンズ構成は、望遠レンズで発生しやすい軸上色収差をはじめとした諸収差を良好に抑制。特に望遠ズームレンズとして使用頻度の高い300mmは、画面の中心部から隅々まで高い解像性能を発揮する。また、屋外での撮影を考慮した簡易防滴構造や高い反射防止性能を誇るBBAR (Broad-Band Anti-Reflection)コーティングを採用で、極めてヌケのよいクリアな画像をズーム全域において得ることができる。

AF駆動には、レンズ位置を高精度に検出するセンサーとAF制御に最適化されたステッピングモーターユニットRXD (Rapid eXtra-silent stepping Drive)を搭載。高速かつ精緻なAF動作が可能なため、望遠レンズで撮影が想定される動きの激しい被写体に正確にピントを追従し続けることができる。また、静粛性にも優れていることから、コンサートホールなど静音が求められるシーン、あるいはレンズの駆動音が記録されやすい動画撮影などでも効果的に活用できる。

「ニコン Z マウントシステム」対応の同レンズでは、独自開発された専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」が使用可。同機能を活用することで、カメラを通さずいつでも自分で最新ファームウェアへのアップデートができる。ファームウェア情報の画面では、自分のレンズのバージョンが最新か確認でき、最新ファームウェアがある場合にはアップデートが可能。

 

 

株式会社タムロン
https://www.tamron.jp/