タムロン、第2世代「G2」のソニーEマウント用大口径標準ズーム 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 を発売


株式会社タムロンは、フルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニー Eマウント用大口径標準ズームレンズ『28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)』を10月28日より発売する。価格は、123,200円 (税込)。

『Model A063』は、「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」の後継モデル。Model A036のサイズ感を維持しながら、ゼロから設計を見直し光学系を刷新することで、より優れた描写性能を獲得。

AF駆動にはリニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)を新たに採用し、AFの高速化と高精度化を実現。広角端での最短撮影距離0.18m、最大撮影倍率1:2.7を実現し、近接撮影能力も進化。

また、同レンズは、新たに独自開発された専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」の使用が可能。レンズに搭載したパソコン通信用「コネクターポート」とパソコンを「TAMRON Connection Cable」(別売)で接続し、専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」にて、各種機能のカスタマイズや最新のファームウェアのアップデートを行うことができる。静止画、動画など各種撮影スタイルに応じて、機能をカスタマイズすることで、より充実した撮影を実現するとしている。

 

 

製品特長

■コンパクトボディに凝縮されたクラス最高レベルの高画質
光学系をゼロから見直した、最新の設計によるレンズ構成は15群17枚。特殊硝材であるLD (Low Dispersion : 異常低分散)レンズと非球面レンズをそれぞれ2枚ずつ、最適な箇所に配置することで、諸収差の発生を極限まで抑制。絞り開放から同レンズの画質は初代のModel A036と比較して大幅に改善しており、全ズーム域にわたり画面の隅々まで極めて高い解像性能が得られる。

■高速・高精度AFを可能にするVXD搭載
AF駆動にはリニアモーターフォーカス機構VXDを採用。高速・高精度なAFは、撮影者の意図に対して優れた応答性を備えているため、大口径レンズであっても最短撮影距離から無限遠まで、ストレスのない快適なピント合わせが可能。AF速度は初代のModel A036と比較すると約2倍向上。また、モーター駆動音が小さく静寂性にも優れており、静かな環境下での静止画撮影や、動画撮影にも最適。

■広角端で最短撮影距離0.18m、最大撮影倍率は1:2.7を実現
第2世代「G2」のModel A063は、初代のModel A036の広角端で最短撮影距離0.19mを上回る、0.18mを実現。ワーキングディスタンスはわずか約4.4cm。最大撮影倍率は1:2.7と、背景を広く画面に入れながら被写体を大きく写した迫力の表現ができるため、自由に被写体に近づいたワイドマクロ撮影が可能。

■ 新デザイン採用で操作性を向上
ズームラバー、フォーカスラバーの形状変更でグリップ感がアップし操作性を向上。外装に施されたブラック塗装により、傷が付きにくく耐擦傷性が向上。また、内部機構に金属パーツを追加することでより滑らかな操作性を実現、ズームリングは剛性感、トルク感も向上。

 

仕様

モデル名: A063
焦点距離: 28-75mm <35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
明るさ: F2.8
画角(対角画角): 75゜23′- 32゜11′<35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
レンズ構成: 15群17枚
最短撮影距離: 0.18m (WIDE)/0.38m (TELE)
最大撮影倍率: 1:2.7 (WIDE)/ 1:4.1 (TELE)
フィルター径: φ67mm
最大径: φ75.8mm
長さ: 117.6mm
質量: 540g
絞り羽根: 9枚 (円形絞り)
最小絞り: F22
標準付属品: 花型フード、レンズキャップ
対応マウント: ソニー Eマウント用

 

◉製品情報
https://www.tamron.jp/product/lenses/a063.html

株式会社タムロン
https://www.tamron.jp/