ティアック、タスカムUSBオーディオ/MIDIインターフェースの新製品 『 SERIES 102i 』『 SERIES 208i 』を発売


 

ティアック株式会社は、タスカムブランドとしてホームレコーディングから本格的なライブ録音、マルチモニター、サラウンドなど様々な用途に対応する 24bit/192kHz USBオーディオ/MIDIインターフェースの新製品『SERIES 102i』『SERIES 208i』を2019年春に発売する。価格はオープン。市場想定価格は『SERIES 102i』が34,800円前後、『SERIES 208i』が44,800円前後。

 

【主な特長:共通】

● 最大24bit/192kHzオーディオフォーマットに対応
● 低ノイズの録音環境を実現するハイスペック入力オーディオ回路
●ファントム電源は入力チャンネル単位で独立してON/OFF可能
● Windows、Mac、iOS機器に対応(UAC 2.0に対応)
● 低レイテンシーで安定したドライバー動作(Windowsは、自社製ドライバー)
●本体内にMixer/Routing/TASCAM FXs (COMP, EQ, Reverb) 機能を搭載
※付属のSettingsPanel ソフトウェアで制御 注)4xFs時にReverbは無効
● 最新DAWソフトウェアCubase LE(Windows/Mac版64ビットPC)、Cubasis LE(iOSアプリ)をバンドル
● プラグインエフェクトソフトIK Multimedia AmpliTube/T- RackS TASCAM editionをバンドル
●堅牢なメタルボディ
●自動更新機能(ソフトウェア・ドライバー/ファームウェアを更新)
●お知らせ機能(SettingsPanelソフトウェアでの画面表示)
● 遅れの無いモニタリングを可能にするダイレクトモニター搭載
● 主要DAW動作検証済み(Pro Tools, Live, Cubase, Studio One, GarageBand)

 

SERIES 102i

● EIN-129dBuを誇Ultra HDDAマイクプリアンプを2系統搭載
● バランス入力対応コンボジャックXLR/TRS端子を2系統装備
※[MIC/LINE]-[INST(Hi-Z)]-[+48Vファントム]のスライド切り替え
●USB 2.0接続で最大10イン2アウトの入出力
● S/MUX対応オプティカル入力端子により最大8入力を拡張可能
● 18mW+18mWのステレオ標準ジャックヘッドホン出力端子を2つ搭載

 

 SERIES 208i

● EIN-129dBuを誇るUltra HDDAマイクプリアンプを4系統搭載
● バランス入力対応コンボジャックXLR/TRS端子を4系統装備
※[MIC/LINE]-[INST(Hi-Z)]-[+48Vファントム]のスライド切り替え
● USB 2.0接続で最大20イン8アウトの入出力
●正確なオーディオクロック同期環境を構築可能なWordイン/アウト BNC端子(終端ON/OFF付)
● 2系統のS/MUX対応OPTICAL入力により最大16入力を拡張可能
● 45mW+45mWのステレオ標準ジャックヘッドホン出力端子を2つ搭載

 

 

◉製品情報
SERIES 102i  https://tascam.jp/jp/product/series_102i/feature#gallery
SERIES 208i  https://tascam.jp/jp/product/series_208i/feature#gallery

ティアック株式会社
https://teac.jp/