富士フイルム、X-T5を発表 6.2K/30Pで動画撮影が可能


富士フイルム株式会社は、Xシリーズの最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ『FUJIFILM X-T5』を2022年11月25日より発売する。価格はオープンで市場想定価格は350,000円前後。推定売価は、ボディ単体が234,000円前後(税別)。X-T5/18-55mmキットが289,000円前後(税別)。

「X-T5」は、「Xシリーズ」第五世代の裏面照射型約4020万画素「X-Trans™ CMOS 5 HR」センサー・高速画像処理エンジン「X-Processor 5」により、高画質を実現するミラーレスデジタルカメラ。

質量は約557gのコンパクトボディに5軸・最大7.0段のボディ内手ブレ補正機能やAIによる被写体検出AFを搭載し、高い機動性を発揮。シャッタースピードなどの3つのダイヤルや3方向チルトの液晶モニターなどを採用し、直感的かつ快適な撮影を可能とします。

6.2K/30Pの充実した動画性能

6.2K/30P 4:2:2 10bitでのカメラ内SDカード記録に対応。6.2Kから4K映像を生成する「4K HQ」モードも搭載し、高画素センサーを生かした解像感の高い映像を実現。

また、SDカード対応のデュアルスロットを採用し、階調豊かな映像記録が可能な「F-Log2」を搭載。ポストプロダクションでの自由度が大きく向上する。またHDMI経由で最大6.2K/30P 12bitのRAWデータ出力が可能。さらに、ATOMOS社製「NINJA V +」でApple ProRes RAW、Blackmagic Design社製の「Video Assist 12G」で Blackmagic RAWとして記録することができる。

「X-Trans™ CMOS 5 HR」センサーを搭載

「Xシリーズ」第五世代の裏面照射型約4020万画素「X-Trans™ CMOS 5 HR」センサーを搭載。画像処理のアルゴリズムを刷新したことで、高いS/N比を維持したまま高解像を実現する。

新センサーでは、画素構造の改良により多くの光を効率的に取り込むことができるため、従来モデルでは拡張感度であったISO125を常用感度として利用可能。

まあた肌のレタッチを自動で行う「スムーススキンエフェクト」を搭載。さらに多彩な色調を可能とする「フィルムシミュレーション」に、高彩度かつ柔らかい階調表現を特長とする「ノスタルジックネガ」など全19種類のモードも搭載。被写体やシーンにあわせて写真フィルムを選ぶ感覚で、多彩な色表現が楽しめる。

高性能AFにより被写体を正確に捉えることが可能。ディープラーニング技術を用いて開発した被写体検出AFを搭載。動物・鳥・車・バイク・自転車・飛行機・電車をAIで検出する。ピントを合わせたまま狙った被写体を自動的に追尾するため、シャッターチャンスや構図に集中して撮影を楽しめる。

また5軸・最大7.0段のボディ内手ブレ補正機能を搭載。夜景などの暗い撮影シーンでも、快適な手持ち撮影を可能に。ボディ天面にISO感度・シャッタースピード・露出補正の3つのダイヤルを搭載。電源を入れる前にカメラの設定を確認または変更することができ、快適な操作性を実現する。184万ドットの3方向チルト液晶モニターを新たに搭載している。

 「フジノンレンズ XF30mmF2.8 R LM WR Macro」 

また併せて、フジノンレンズ XF30mmF2.8 R LM WR Macroの発売も発表。推定価格は、80,000円前後(税別)。最短撮影距離10cm・最大撮影倍率1倍(35mm判換算:1.5倍相当)を実現している。