ソニーPCL、 8K/4Kによるオンライン編集およびMA環境を備えた「渋谷スタジオ」を公開


 

ソニーピーシーエル株式会社(以下、ソニーPCL)は、8K/4Kによるオンライン編集およびMA環境を備えた「渋谷スタジオ」を新設し、7月5日より営業を開始。報道陣向けに内覧会を開催した。

新設する「渋谷スタジオ」は、8K/4Kによるコンテンツ制作のためのポストプロダクション機能として、編集室2室(Edit-1、Edit-2)とMA室(Stereo/5.1ch)1室を備えたコンパクトなスタジオ。NHKと渋谷駅を結ぶ公園通りからすぐ脇に入ったところに位置する。ソニーPCL クリエイションセンター(東京都品川区西五反田)内のポストプロダクション設備とのネットワーク連携により、Flame(Autodesk社)などを含む制作環境の拡張が可能なスマートスタジオとなっている。

主な特徴は以下の通り。 

■Rio 8K(Grass Valley社)と8K液晶テレビ ブラビア『Z9G』(ソニー)により、8K映像をリアルタイムに確認しながら編集作業を進めることが可能。 

■編集からMAまで、一貫した4K HDR映像のモニタリング環境を備える。 

(Edit-1では、8KプレビューによるMAチェックにも対応) 

■同社クリエイションセンターとリモート接続することにより、同センター内のポストプロダクションインフラを使用した制作環境を使用できる。必要に応じた機能の拡張が可能。 

■同社リモートプレビューシステムにより、クリエイションセンター、高円寺スタジオと同様に、編集中の映像・音声の低遅延・高品質リアルタイムプレビューに対応し、遠隔地など場所を選ばないプレビューが可能。 

その他、ソニーPCLの特徴としては、ソニーグループとも一部連携しながら、4K、8K、HDR、VR等のジャンルで独自技術をいち早く自社開発してきたこと。最近のニーズとしては、過去のSD素材をHDや4K放送で使いたいという要望が多く、独自に開発したアップスケーリングサービスRS+や、バンディングノイズを編集工程で改善する技術、AIを活用した高品位なi/p変換技術、HDRとSDRのハイブリッドグレーディングなどが同社の売りになっている。

RS+技術を利用して2K SDRコンテンツを4K HDRにリマスターした例。

AI SHAPE FITTING(仮称)により、人物特定のアルゴリズムを、合成マスク切りに応用することで、効率的な高品位は画像を補正を実現(参考出展)。

 

 

Rio 8Kと8K液晶テレビ ブラビア『Z9G』が入った8Kオンライン編集室

最大の特徴は8Kのオンライン編集室。Rio 8Kにより8Kのリアルタイムプレビューが可能。

音声は5.1chサラウンド対応で、MAルームでの調整をこちらでそのまま確認することができる。主な機材システムは以下。

Edit-1 K 

Main System 

Hardware/Software : Rio K (Glass Valley) 

Color Control Panel : Neo Panel 

Plug-in : Sapphire / Neat Video 

Sub System 

Applications : Adobe Creative Cloud (Adobe) 

DaVinci Resolve (Blackmagic Design) 

Audio5.1ch Surround System (Genelec) 

Monitoring System 

Master Monitor : BVM-HX310 (Sony) 

Client Monitor : KJ-85Z9G (Sony) 

 

 

DaVinciによるカラーグレーディングに対応した4K編集室

Edit2は4K/HDRに対応した編集室。昨今は編集室でDaVinciによるグレーディング作業までしたいという要望も増えており、こちらにはDaVinci Resolveと対応コントロールパネルを入れている。

Edit- K 

Main System 

Software : DaVinci Resolve (Blackmagic Design) 

Media Composer (Avid Technology) 

Premiere (Adobe) 

Color Control Panel : DaVinci Resolve Advanced Panel 

Plug-in : Sapphire / Neat Video 

Monitoring System 

Master MonitorBVM-HX310 (Sony)

Client MonitorKJ-65X9500H (Sony) 

Audio5.1ch Surround System (Genelec)

 

5.1ch/2ch対応MAルーム

MAルームは5.1ch/2ch対応。DAWにPro Toolsx2、Nuendox1が入り、3台同時運用が可能なMAルーム。ナレーションブースも併設されている。

 

【Main System】 

・Console:AWS 948 (Solid State Logic) [Analog 48ch / 24 Fader] 

・DAW:Pro Tools Ultimate (Avid Technology) 

     Nuendo (Steinberg Media Technologies) 

・DAW Controller:UF8 (Solid State Logic) 

・Plug-in:Diamond Native Bundle+SG (Waves) 

iZotope Everything Bundle/RX8 (iZotope) 

AES3 Spot V3 AAX (Tac System) 

Anymix Pro (IOSONO) 

Altiverb 7 XL/Speakerphone (Audio Ease) 

【Monitoring System】 

・Speaker:IB2S-AⅡ (PMC) [stereo] / C8 (KS Digital) [5.1ch] 

 

【渋谷スタジオの概要】

ソニーPCL株式会社「渋谷スタジオ」 所在地 : 東京都渋谷区神南1-20-15 神南101ビル3F  営業窓口:TEL03-3492-9740