VSW010 記録が物語になる イベント映像編集術~ストーリーがより伝わる音楽の選び方も~(講師:酒井洋一)


前号からスタートしたVIDEO SALON WEBINARとして、9月号の「映像編集」特集に連動したオンラインセミナーを開催いたします。今回も5回を予定。貴重な機会をお見逃しなく!

VSW010では、ディレクター・ビデオグラファーとして活動し、シネマティックでストーリーを感じさせるウェディングムービーを得意とする酒井洋一さん。自身が監督・撮影・編集を手がけたウェディングムービーの作品を例に、ストーリーの見つけ方、組み立て方を解説。

 

●内容

酒井さんが監督・撮影・編集を手がけたウェディングムービー「Keisuke + Reiko Takasaki Wedding」を例に編集を含めた作品の組み立てについて紹介していきます。

酒井さんは自身の著書「フィルムメイキング・ハンドブック」のなかで、こう綴っています。「作品には一つの大きなメインストーリーがあります。カップルやクライアントの表現したいことや伝えたいことは何なのか? それが作品の最後に結実するものです。メインではないが、サブ的な小さなストーリー、ミニストーリーに遭遇することもあります。そしてそれは最低3カット以上撮る必要があり、私たちが常に現場で追い求めているものです。このミニストーリーを集めることこそが私たちのウェディング撮影です」

講演では『メインストーリー』と『ミニストーリー』をどのように見つけていったのか、そしてそれをストーリーとして成立させるために、時間軸通りの記録ではなく、構成・編集をどのように考え、作品を組み立てていったのかお話いただきます。

●音楽家との意思疎通、ロイヤリティーフリーの音源サイトでの音楽の探し方も

この作品では音楽を作曲家の若狭真司さんに依頼し、オリジナルの楽曲を制作しています。ウェビナー当日は若狭さんもリモート出演いただき、映像クリエイターが作曲家とどんな意思疎通をして楽曲を制作していったのか、紐解いていきます。ロイヤリティーフリーの音楽サイトの酒井さん流の使い分けなども紹介。

 

※応募の締切は7月13日(月)正午となります。

●講師

酒井洋一

(株)HIGHLAND代表。神田外語大学英米語学科を卒業後、ハリウッドに渡りLos Angeles City
College 映画学科卒業。3年の間、現地でCM、PV、ショートフィルムなどの現場に参加し、フィルム
での映像制作を習得。帰国後、MV制作プロダクションの最大手、(株)SEPに入社。安室 奈美恵、
Mr.Children、KREVA、MONKEY MAJIKなど150本以上のアーティストの映像制作に携わる。2009年、クリエイティブブランド「HIGHLAND」を設立。ウェディング撮影を中心に活動を開始。その後、世界のトップ撮影チームであるSTILLMOTIONのワークショップに幾度となく参加。彼らのストーリーテリングの真髄に触れ、近年では世界での挙式/前撮り撮影や、留学時代に習得したフィルムでの映像表現に再び力を入れるなど、常に新しい技術や想いを大切に、カップルそれぞれの「ストーリー」 を表現していくスタイルに磨きをかける。

 

●ゲスト(リモート出演)

若狭真司

作曲家。未音制作所 (ひつじおとせいさくじょ)代表。幼少より、グラフィックデザイナーであった父の影響で、グラフィックデザイン、音楽 ( ジャズ、クラシック etc…) に親しむ。10代より音楽活動を開始。東京都内のライブハウスやクラブイベントを中心に活動する中で、自身の音楽性における静寂性や、より音響的な感覚を追求するため独学で音楽を学び直す。その後、都内 MA スタジオに勤務し、ラジオやTVCM、ゲームなどの音響、選曲、録音を学ぶ。その傍ら、和声法、作曲法の基礎を現代音楽作曲家の徳備康純氏に、小野瀬雅生バンド (ex ク レイジーケンバンド ) のギタリストで、TVCM やゲーム音楽のアレンジャーとしても活躍する須藤祐氏にアレンジを学ぶ。 2016 年より未音制作所を開業。各種の広告媒体、展示会やファッション ショー、イベントへの音楽提供、演出を中心にその活動の幅を広げている。また、映像作家とのアート / エレクトロユニット 「SEMIOSIS」を結成。Spotify や itunes 上で北米、メキシコ、ベルリン等海外を中心に3万以上のリスナーを獲得し、新たな音を提供し続けている。

 

●開催概要

日時:2020年7月13日(月) 18時45分(開場)、19時(開演)  約2時間の予定です。

参加料金:

「ウェビナー受講+VIDEO SALON 9月号セット」税込5,500円

※ウェビナー受講と雑誌VIDEO SALON 9 月号のセットです。雑誌は8月20日(月)の発売ごろにお届けします。

「ウェビナー単体受講」税込4,070円

◉お申し込みをして料金を支払う手続きをした後、当日都合により視聴できなかった場合は、アーカイブを視聴することができます。

定員:100名

当日のタイムテーブル:(進行によって変更の可能性があります)

18:45 開場

18:55 イベント開催の諸注意

19:00 講演開始

20:30 講演終了・休憩

20:35 質疑応答

21:00 イベント終了

 

※応募の締切は7月13日(月)正午となります。

 

●9月号「映像編集」特集について

ビデオサロン9月号(8月20日発売)特集は、「ホンモノの力が身につく!映像編集実力アップ講座」をお届けいたします。時間軸で見せる映像の魅力を引き出すには「編集」がポイントになります。これまであまり言語化されてなかったノウハウを、言葉で、そして図解で解き明かし、最後まで興味をもってみてもらい、最終的に視聴者の心を動かす手法をシェアしていきます。これで映像制作の地力がつくこと、間違いなし!

主な内容(予定)

DaVinci Resolveで実践する プロのエディターが教える効率の良い編集作法(IMAGICA Lab. 渡辺聡)

図解だからよく分かる!現代ビデオグラファー映像編集術(鈴木佑介)

最後まで見てもらうためのYouTubeコンテンツ編集 「八王子国の歩き方」の作り方 (中野智行)

インタビューベースのプロモーションムービー編集術(大石健弘×曽根隼人)

◉記録が物語になる イベント映像編集術~ストーリーがより伝わる音楽の選びも~(酒井洋一)

 

● ウェビナーご参加の流れ

①Peatixでチケットをご購入(確認メールが届きます)

②決済確認が取れた方に7月13日(月)17:00までにZoomウェビナーのURLを登録いただいたEメールアドレスにご案内します。

③Zoomでウェビナーを受講(Zoomウェビナーを利用できる環境をそれまでにご準備ください。動画を視聴する関係上、できましたら回線速度が確保されている有線LANの環境をお勧めします)。また、動画はVimeoなどの関連リンクを随時提示しますので、できるだけ大きめのディスプレイが快適です。Zoomウェビナーの機能であるQ&Aを利用して、講師に質問することも可能です。

④復習、もしくは回線の関係で視聴できなかった場合は、1週間限定で公開されるVimeoのアーカイブをご覧ください(URLの拡散はご遠慮ください)。

⑤ウェビナー+雑誌セットをご注文頂いた方には発売の8月20日ごろに9月号をPeatixに登録いただいたご住所にお送りします

 

●注意事項

*ウェビナーの録画・スクリーンショットは原則禁止とさせていただきます。
*ウェビナー終了後、1週間限定でVimeoにてアーカイブ動画を限定公開。
*スマホのキャリアメールでPeatixやZoomからのメールが届かない事例が報告されています。登録はPCメールかGmail、Yahooメール等のフリーメールを推奨します。

*ウェビナーは有線LANで接続したPCでの視聴を推奨します。ご視聴の回線環境によっては動画の解像度やフレームレートが低減する可能性がございます。

 

●主催

玄光社VIDEO SALON編集部/サロン・エージェンシー

 

●問い合わせ先

VIDEO SALON WEBINAR事務局
seminar@genkosha.co.jp(メール)