VSW009インタビューベースのプロモーションムービー編集術(講師:大石健弘・聞き手:曽根隼人)


前号からスタートしたVIDEO SALON WEBINARとして、9月号の「映像編集」特集に連動したオンラインセミナーを開催いたします。今回も5回を予定。貴重な機会をお見逃しなく!

VSW009では、ドキュメンタリーベースのTVCM、WEB CM等のプロモーション映像を得意とするディレクターであり、ビデオグラファーとして自らも撮影・編集を手がける大石健弘さんに登壇いただきます。聞き手はプロデューサー、ディレクター、ビデオグラファーとしてTVドラマ、CM、MVなどを手掛ける曽根隼人さん。

●内容

大石さんがディレクターをつとめた電気車椅子「WHILL」のプロモーションムービー。

※講演内で紹介する作品は変更になる可能性があります。

 

 

インタビューを通じてストーリーを紡ぎ上げる…。取材相手の証言をもとに構成していく大石さんのプロモーションムービー。被写体との向き合い方、興味の度合いなどによって引き出せる発言も変わってきます。本ウェビナーは本誌4月号特集「映像インタビュー術」の続編とも言える内容です。大石さんの作品作りのなかでも「編集」のプロセスにフォーカスして、お話いただきます。

 

●大石さんのインタビュー映像編集プロセス
1. 全素材の書き起こし
2. 紙面上で構成をつくる(いきなり編集ソフトに向かわない)
3. 編集する
4. 書き起こし⇔編集
5. インサートを編集する
6. 書き起こし⇔編集⇔インサート
7. 第三者に見せる
8. 書き起こしを最初から読み直す
9. 色&音を整える
10. 完成

 

 

 

※応募の締切は7月9日(木)正午となります。

●講師

大石健弘

1983年 静岡県浜松市生まれ。浜松北高時代より映画制作を始める。横浜国立大学 在学中に多くの自主映画を制作し、インディーズムービーフェスティバル、はままつ映画祭などに入選、全国のTSUTAYAでレンタルされる。卒業後、株式会社 葵プロモーション(現 AOI Pro.)入社。プロダクションマネージャーとして多数のCM制作に関わったのち、2010年 退社、フリーのディレクター・エディターとして活動開始。2013年 個人的に制作した「麻里子の教室」が寿ビデオ大賞を受賞、めざましテレビなど多数のメディアで話題を呼び、以後、数多くのプロジェクトに参加。株式会社Happilm代表。2018年よりAOI Pro.ビデオグラファーチーム アドバイザー。

 

●聞き手

曽根隼人

1986年生まれ 大阪芸術大学映像学科卒業。4thFILM代表。ディレクター、プロデューサー、ビデオグラファーとして企画・演出から撮影・編集・カラコレまでを手掛ける。TV-CM /WebCMから MV / TVドラマまで。無印良品のパリでのプロモーション映像”TOKYO PEN PIXEL”では世界三大広告祭の一つ「ONE SHOW」や、アジア最大の広告祭「ADFEST」、「SPIKES ASIA」をはじめ多くの賞を受賞。大村市のPR動画”大村市なんて大嫌い”では、「福岡広告協会賞」「ぐろ~かるCM大賞2019」で受賞した。 NHK Eテレ「テクネ 映像の教室」「うたテクネ」では、プロデュサーとして活躍中。近年は、白石麻衣、齋藤飛鳥をはじめとした乃木坂46の人気メンバー10人が出演のオムニバスドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」ではプロデューサー・ディレクターを共に担当。

 

●開催概要

日時:2020年7月9日(木) 18時45分(開場)、19時(開演)  約2時間の予定です。

参加料金:

「ウェビナー受講+VIDEO SALON 9月号セット」税込5,500円

※ウェビナー受講と雑誌VIDEO SALON 9 月号のセットです。雑誌は8月20日(月)の発売ごろにお届けします。

「ウェビナー単体受講」税込4,070円

定員:100名

当日のタイムテーブル:(進行によって変更の可能性があります)

18:45 開場

18:55 イベント開催の諸注意

19:00 講演開始

20:30 講演終了・休憩

20:35 質疑応答

21:00 イベント終了

 

※応募の締切は7月9日(木)正午となります。

 

●9月号「映像編集」特集について

ビデオサロン9月号(8月20日発売)特集は、「ホンモノの力が身につく!映像編集実力アップ講座」をお届けいたします。時間軸で見せる映像の魅力を引き出すには「編集」がポイントになります。これまであまり言語化されてなかったノウハウを、言葉で、そして図解で解き明かし、最後まで興味をもってみてもらい、最終的に視聴者の心を動かす手法をシェアしていきます。これで映像制作の地力がつくこと、間違いなし!

主な内容(予定)

DaVinci Resolveで実践する プロのエディターが教える効率の良い編集作法(IMAGICA Lab. 渡辺聡)

図解だからよく分かる!現代ビデオグラファー映像編集術(鈴木佑介)

最後まで見てもらうためのYouTubeコンテンツ編集 「八王子国の歩き方」の作り方 (中野智行)

◉インタビューベースのプロモーションムービー編集術(大石健弘×曽根隼人)

「ミニストーリー」を重ねて映像だけで感動に導く編集構成テクニック(酒井洋一)

 

● ウェビナーご参加の流れ

①Peatixでチケットをご購入(確認メールが届きます)

②決済確認が取れた方に7月9日(金)17:00までにZoomウェビナーのURLを登録いただいたEメールアドレスにご案内します。

③Zoomでウェビナーを受講(Zoomウェビナーを利用できる環境をそれまでにご準備ください。動画を視聴する関係上、できましたら回線速度が確保されている有線LANの環境をお勧めします)。また、動画はVimeoなどの関連リンクを随時提示しますので、できるだけ大きめのディスプレイが快適です。Zoomウェビナーの機能であるQ&Aを利用して、講師に質問することも可能です。

④復習、もしくは回線の関係で視聴できなかった場合は、1週間限定で公開されるVimeoのアーカイブをご覧ください(URLの拡散はご遠慮ください)。

⑤ウェビナー+雑誌セットをご注文頂いた方には発売の8月20日ごろに9月号をPeatixに登録いただいたご住所にお送りします

 

●注意事項

*ウェビナーの録画・スクリーンショットは原則禁止とさせていただきます。
*ウェビナー終了後、1週間限定でVimeoにてアーカイブ動画を限定公開。
*スマホのキャリアメールでPeatixやZoomからのメールが届かない事例が報告されています。登録はPCメールかGmail、Yahooメール等のフリーメールを推奨します。

*ウェビナーは有線LANで接続したPCでの視聴を推奨します。ご視聴の回線環境によっては動画の解像度やフレームレートが低減する可能性がございます。

 

●主催

玄光社VIDEO SALON編集部/サロン・エージェンシー

 

●問い合わせ先

VIDEO SALON WEBINAR事務局
seminar@genkosha.co.jp(メール)