Viddsee、母の日の新作ショートフィルムに Blackmagic URSA Mini Pro を使用


Blackmagic Design の発表によると、シンガポール在住のショートフィルム監督、ダニエル・ヤム(Daniel Yam)氏の新作ショートフィルム「Time」の撮影に URSA Mini Pro が、カラーコレクションに DaVinci Resolve が使用された。「Time」はViddsee にとって初のオリジナル・ショートフィルム。同作はシンガポールの情報通信メディア開発庁の一部門・シンガポールフィルムコミッション(SFC)と Viddsee との提携の一環として制作された。

Viddsee: https://www.viddsee.com/video/time/jsqcz?locale=en

主人公は、息子の世話と仕事の両立に悩む若い母親グレース。グレースはかつての自分のように息子に早く成長して欲しいと願っているが、グレースの知らないところで時間 -Time- は別のプランを用意していた。

「私たちが求めていたのは、可搬性に優れたカメラ。カメラをハンドヘルドから台車、三脚にすばやく移動する必要があったので、作業のスピードアップのために可搬性を重視した。また屋内と野外の両方で撮影するので、カラーグレーディングに備えて高品質で撮影できることも重要だった」とヤム監督は語る。

「撮影期間はわずか2日。電気が灯っている夜の部屋のドアが開いて、日光が部屋に入り込んでくるというシーンがあったが、URSA Mini Pro のダイナミックレンジのおかげでハイライトとシャドウの両方を捉えることできた。母と息子が手をつなぐシーンは公園で撮る予定だったが、あいにく雨天だったので公共住宅の階下の屋内エリアで撮影した。屋根はあるが外とつながっているオープンなエリア。非常にコントラストが高いシーンだが、URSA Mini Pro のおかげで問題なく撮影できた。」

「URSA Mini Pro を選択したことは大正解だった。非常に満足している。URSA Mini Pro の優れた点は、驚異的なダイナミックレンジ、自然なカラー、そして高フレームレート。作品の仕上がりが素晴らしいのは当然の結果だ。また信頼性の高さもポイント。野外での撮影でもオーバーヒートしたり問題が発生することはなかったので、優れたショットを撮影することだけに集中できた」とヤム監督。

作品やシーンに感情的な深みを持たせるため、製作者はカラーやトーンに大きく頼ってストーリーの舞台を設定する。URSA Mini Pro は 4.6K のRAW フッテージを得られるので、ポストプロダクションで様々なシーンを扱うことができた。さらに DaVinci Resolve ソフトウェアを使用することで希望どおりのビジュアルを実現できた。

「Time」は、Viddsee.com.で視聴可能。また「Time」は、5月13日(土)22:35 に、Lifetime の母の日の特番としてアジアの15地域で放送された。