レスパスビジョン、NEWSのコンサートの収録に71台のHyperDeck Studio Proを使用


Blackmagic Designの発表によると、男性アイドルグループNEWSのコンサートの収録にHyperDeck Studio Pro、Smart Videohubのルーターが使用されたという。

コンサートの収録を担当したレスパスビジョン株式会社は、映画、TVコマーシャルやミュージックビデオを多く手掛けるポストプロダクション。近年ではポストプロダクション業務以外にも、映画製作やライブ収録事業など、幅広いサービスを提供している。

今回行われたNEWSのコ ンサートでは収録カメラ39台、送出カメラ11台、収録スイッチングなどの51回線と予備回線が、中継車を介してVTR車に送られ、これら映像を収録するという重要な仕事を担った。

1ラック、HyperDeck Studio Proが10台とSmart Videohub 16×16が1台で構成されており、HyperDeck Studio Proは5台で収録を行い、5台でバックアップ収録。Smart Videohub16×16はラック内のルーティングを行ったという。また、Smart Videohub16×16の出力を、Smart Videohub 40×40に入力し、マルチビューへの出力とメインモニターへのルーティングとしても使用されたという。

レスパスビジョン株式会社のテクニカルマネージャー・薦田竜治氏は語る。

「もともと、ポストプロダクション業務のひとつとしてコンサート映像を手がけていました。ただ、そういったコンサートの収録素材として持ち込まれるものはカラーコレクションに向かない素材が多く、色をいじるとノイズがのってしまうため、そのノイズを消すために作業が増えてしまいました。そこで、もっとクオリティのよいもので収録できないかと模索していたところ、HyperDeck Studio Proに出会ったのが導入のきっかけです。HyperDeck Studio Proは、高品質な仕上がりで収録することができます」

Technical Manager 薦田竜治

「VTR車のシステム上、全ての回線と信号がエンベッドされたSDI1本で完結することがないため、アナログオーディオ入力、TC入力が必須です。そのため、レコーダーとして完成されているモデルとしては、HyperDeck Studio Pro以外に選択肢はありませんでした。HyperDeckシリーズのメリットはやはり市販のSSDが使用出来る点です。専用メディアを使用するレコーダーは高額となるため、台数が必要とされるライブ収録では、コストがかかります。SSDは単価も安く、量販店ですぐに購入できますし、絶対になくなる事がないといったメリットがあります。HyperDeck Studio Proは今回のような、ライブやイベント等の収録もしくは再生に適していると感じます。Blackmagic製品は高品質なクオリティーを手に入れることができるだけでなく、費用の面でも入手しやすく、まとまった数を導入することができ非常に満足しています」