X-T3のH.265とH.264のMac OS上の再生問題、解決しました


昨日、12月号を責了しました。今回はかなり挑戦的な特集企画をやっていますので、来週冒頭にその内容をおつたえすると同時に、Inter BEEでの編集部のブース位置などをお知らせしたいと思います。

で、責了したので、Mac OSを最新の状態にアップしました。(責了作業の途中でOSをアップするのはさすがに怖いので)

何がしたいかというと、X-T3のH.265の10bitファイルの再生がMac OS上で正確な階調でできないという問題が解決したかということを確かめたかったのです。Mac OS上では、High SierraからH.265再生に対応していますが、265のファイルを再生すると、264よりも黒側が潰れて再生されてしまい、編集ソフトにもっていっても同じ状況だということは、1ヶ月前くらい前にここでご報告しました。

で、今日、最新OSのMojaveにしてみたところ、H.265で黒側がつぶれる問題は解消されていました。

左が265のファイル、右が264のファイル。ともにF-Logです。階調は揃っています。

自宅の環境では先月の段階でMojaveでも階調が揃わなかったので、アップルが細かいバージョンアップで直したのでしょうか?

これでスッキリしたので、これからは心おきなく、H.265、10bit、F-Logで撮りたいと思います。