先週MOOK「ムービーのためのレンズ選びGUIDE BOOK」を責了しました


本日はビデオサロン6月号の発売日です。アイドルMV特集が大好評で現在Amazonでは紙版が入手できなくなっております。中古では5月20日現在、2,980円なんて価格がついていますが、書店には定価でちゃんとありますので、ぜひ本屋さんに立ち寄っていただければ幸いです。もしくはKindle版でお願いいたします。

ビデオSALON2019年6月号Amazonはこちらから

 

さて。先週中盤くらいにMOOK「ムービーのためのレンズ選びGUIDE BOOK」を責了しました。現在Amazonで予約可能になっています。発売は5月27日です。

表紙はこんな感じ。カメラマンさんが気合いを入れて撮ってくださいました。

このMOOKはこの1年くらいのレンズ関連特集を集めて、さらに新規記事を加えたものです。

流用もそのままではなく、誌面の大判化に合わせてかなり写真が大きくなっているので、かなり分かりやすく、見ていて気持ちいいと思います。

また作例を変更した方もいらっしゃいますし、新規に作例と原稿をお願いした方もいます。たとえばBatisなんかは新規レポートです。

月刊誌ではやりにくい、基礎知識をまとめた記事は、MOOKならでは。おそらくムービーのためのレンズ選びという観点でまとまった記事というのはネットを探してもないのではないでしょうか?

柳下さんに書き下ろしていただきました。

そして、4Kフルサイズムービーで各社の2万円程度の入門用レンズからZEISS Otusまでをまったく同条件で比較検証。あなたは2万円のレンズでいいのか、やっぱりZEISSだね、SIGMAだよね、ということになるのか。実はこの検証、画面写真を載せているのですが、動画はやっぱり動画で見せたいということで、ビデオSALON.web上にアップしますので、それも合わせてご覧ください。なぜ動画で見せたいかというと、フレアとブリージングがよくわかるからです。

ちなみにその動画は、MOOKを買わなくても、全部見られてしまうのですが、できれば買ってください… ハウススタジオを2日間借り切ったりとか、モデルさんに出ていただいたりとか、いろいろ経費もかかっていますので(苦しい台所事情をお察しください)。

個人的に面白かったのは、シネレンズの世界で。ここは取材ものが中心なのですが、ざっと読んでいただければ、ムービーのためのレンズに何が求められているのかが徐々に見えてくると思います。

シネレンズ、なかなか買えませんが、考え方としては非常に参考になると感じました。

シネレンズの世界もここ数年で変わってきて、最近ではズームで100万円クラス、プライムレンズで40万円台ですから、個人でも導入されている人がいます。ZEISS Lightweight Zoom LWZ.3を個人で買って運用されている田村さんの、なかなか濃く、熱いトークが繰り広げられていますので、ぜひ!

 

テストムービーをアップしたら、またご報告します。

MOOK「ムービーのためのレンズ選びGUIDE BOOK」の詳しい内容はこちらから