新刊「映像ライティング&カラーグレーディング」責了しました。現在予約受付中です!


text◉一柳

こんな時だからこそ、じっくり映像制作の地力をつけるいい機会です。4月23日に「映像ライティング&カラーグレーディング」という本が出ます。現在、Amazonでも予約受付を開始しています。

内容をご紹介します。

著者は、映画やドラマの照明技師で、作品によってはカラーグレーディングも手がける太田博さん。

この書名のサブタイトル、「マイスター オブ ライト」を見て、あれ?と思った人、ニヤリとした人は映像制作関連本をかなり買ってきた方ではないでしょうか。著者のたっての希望で、アメリカの撮影監督にインタビューして名作映画の舞台裏を解き明かした名著「マスター・オブ・ライト」を連想させるものにしてみました。実は、デザインも少し似せているのですが、そんな遊びはさておき。

内容は、インタビュー集ではなく、太田さんの現場に基づいた考察になっています。

映像制作のデジタル化により、撮影、編集、整音、画像処理を1人で行うビデオグラファーが注目を集めています。しかし、その守備範囲の広さやハードウェアの更新や日々の作業に追われ、知識を身につけることもままなりません。ライティング/撮影/カラーグレーディングが、実際の現場でどう結びつき、映像美を生み出すのかという知識が求められています。本書は、映画現場の照明技師(ライトマン)が培ってきた経験から語る、ライティングとグレーディングの参考書です。

映画製作においてライティングは専門職として独自の技術が培われてきました。日本では照明技師という職業が生まれ、映像に映る光のすべてをコントロールしています。しかし、映像制作に携わる方々でも『映像美をもたらすのは分かるものの、実際何をしているのかよく分からない』と言う方も多く、そのため、制作上の行き違いや不本意な結果を招く場面もしばしばあります。本書は照明技師の育成書ではなく、プロデューサーやディレクター、他の現場スタッフなど映像/映画に関わる全関係者に向けて書かれています。したがって映像美(ルック)に興味のある映画ファンやビデオグラファー、VLOGER、YouTuberも興味を持てる内容になっています。

ライティングとグレーディングを同一の本で解説したのも画期的です。

かつてフィルムとレンズ、ライティングが担っていた映像の「ルック」はデジタル化に伴い、新たな命を吹き込む「カラーグレーディング」というツールを産み出しました。同じライティングでもフィルムやカメラや絞り、レンズなどでルックが変わるのと同様、グレーディングでまったく違った印象に変化します。今や、ライティングとグレーディングは切り離せない重要なパートナーです。

これまでに存在しなかったデジタル時代ならではの映像ライティングとグレーディングの参考書が誕生しました!

第1章 ライティングの役割

第2章 美しいショットを得るためのいくつかのコツ

第3章 グレーディングとライティングが目指すもの

第4章 グレーディング

最後に、太田さんを照明で起用してきた西村喜廣監督も寄稿!

映画現場の照明技師が培ってきた経験から語る、ライティングとグレーディングの参考書
2020年4月23日発売
B5変型判 152ページ
定価:本体3,000円+税
ISBN978-4-7683-1320-6

予約受付中です。こちらからお願いいたします。