VIDEO SALON2021年11月号の特集は「個人や少人数で実践するアニメーション制作」


VIDEO SALON2021年11月号は10月20日発売

文●編集部・萩原

 

SNSやYouTubeでは数々のアニメが投稿される時代になりました。

特にSNSでは個人で制作したGIFアニメやミュージックビデオなどが多く公開されており、

どれも目をみはるクオリティのものばかりです。

 

アニメーション制作というと

テレビや映画、VODなどの大規模スタッフの完全分業制をものを

イメージしてしまいますが、

今回の特集でスポットを当てるのは、

個人や少人数チームでアニメーション制作を実践しているアニメーター。

実際の作品を例に、その制作フローと制作の裏側について

アニメーター自ら解説いただきました。

 

これからアニメーション制作をはじめてみたいという方の一助になれば幸いです。

ぜひ御覧ください。

 

 

●特集の内容

14組のアニメーターとの作画リレーにおけるコミュニケーション

青木 純(スペースネコカンパニー)

カロリーメイトwebmovie「夏がはじまる。」篇

 

ミュージックビデオを個人でアニメーション制作

グレンズそう

白紙 / 初音ミク – music:青屋夏生 movie:グレンズそう

 

自身のクリエイティビティを徹底的に追求
『PURARIA』ができるまで

玉川真吾

『PUPARIA』

限られたリソースでハイクオリティに
『PROMETHEAN KNIGHT』裏側大公開

吉武 薫

 

 

Blenderを駆使して少人数制作を実現!

『モナーク/Monark』OP映像アニメーション制作フロー

ぽぷりか(hurray!)

『モナーク/Monark』OP映像

 

 

VIDEO SALON2021年11月号は10月20日発売