ソニー、新開発AIプロセッシングユニット搭載のα7R Vの発売を発表


ソニーは、新開発AIプロセッシングユニットを搭載し、AFシステムが大幅に向上した『α7R V』を11月25日より発売する。価格はオープンで、市場推定価格は560,000円(税込)。また同時に液晶ガラスシート「PCK-LG3」も発売予定で希望小売価格は3,850円(税込)。

『α7R V』は、従来比最大約8倍の高速処理能力を持つ最新の画像処理エンジン「BIONZ XR」と、クラス最高水準の有効約6100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」によってα史上最高の解像性能を実現。さらに新開発のAIプロセッシングユニットを搭載し、被写体認識性能を大幅に向上。ディープラーニングを含むAI処理による新しい「姿勢推定技術」により、従来の顔や瞳以外に肩やひじ、足首などといった体のパーツからも人物の検出が可能に。

 

α史上最高の解像性能

同製品は低感度においてα史上最高の解像度を実現。常用ISO感度は静止画・動画ともに100-32000で、静止画撮影時拡張感度は最大102400を記録。さらに用途に応じて選べるRAW画像サイズ、画質設定が可能となり、最適な選択が可能に。

手ブレ補正ユニット、ジャイロセンサー、アルゴリズムの改善によって、進化した高性能光学式5軸ボディ内手ブレ補正を装備。静止画撮影時の手ブレ補正効果は史上最高の8段をボディ単体で実現している。対応する手ブレ補正機能内蔵レンズと組み合わせることで、望遠域で発生しがちな大きなブレを効果的に抑えるなど、より安定したフレーミングで撮影をサポートする。

また、新たに「フリッカーレスTv調整機能high」や「高分解シャッター機能」を搭載し、人工照明によるちらつきを効果的に抑制することができる。そのほかにも、カメラ単体で写真や動画で思い通りの表現を可能にさせる「クリエイティブルック」や、高圧縮効率かつ高画質の「HEIFフォーマット」への対応など、静止画撮影の幅を広げる新機能も。

 

AI由来の次世代AFシステム

同製品では新搭載「AIプロセッシングユニット」により、高解像性能を引き出すために不可欠なAFシステム全体が大きく進化。「リアルタイム認識AF」は静止画・動画を問わず7種の対象を被写体認識する。認識の対象には従来の人物、動物、鳥に加え、新たに昆虫、車/列車、飛行機が追加された。

▲リアルタイム認識AFの被写体は7種類の被写体から選択が可能
▲被写体の対象は、メニュー画面以外に、右側の「C2」ボタンからワンタッチで切り替えが可能

人物が対象の場合、骨格情報により被写体の動きを認識する「姿勢推定技術」によって、瞳の認識精度がα7R IV比で60%向上。被写体が小さい場面や逆光の場面でも人物をきちんととらえることができる。

▲振り向き際でも素早く瞳をとらえてピントを合わせることができる

さらに動物や鳥に対する認識性能も約40%アップ。鳥や動物、昆虫の場合も、全体だけでなく頭部や体による認識が追加され、より被写体を追尾しやすくなっている。

▲うしろ向きの動物も頭や体から被写体を認識

静止画撮影時は、イメージセンサーの撮像領域の約79%のエリアに、最大693点の像面位相差AF点と、コントラストAFを併用したファストハイブリッドAFを搭載。EV -4.0の暗いシーンでも高精度AFで被写体を捕捉することができる。さらに、「フルタイムDMF機能」やピント位置をずらして撮影する「フォーカスブラケット機能」が新たに追加。複数人の撮影時に目的の人物を選択してトラッキングすることも可能になった。

 

臨場感あふれる高精細動画

動画撮影はフルサイズでの8K (7680×4320)/24p、4K/60pにも対応。Super 35mmの画面領域での画素加算なし6.2Kオーバーサンプリングによる4K(QFHD 3840×2160) 30p/24p記録が可能。4:2:2 10bit、XAVC S-I(All Intra)and HEVC(XAVC HS)、最大120pのハイフレームレート(フルHD)動画記録とそのほかの動画撮影機能も充実している。

高性能手ブレ補正アクティブモードにより、手持ち撮影を強力にサポート。さらに、14+ストップの広いラチチュード、「S-Cinetone」、S-Log3対応といった点でもアップデートがなされている。

 

撮影をサポートする操作性と信頼性

モニターは「α7R IV」と比べひと回り大きい3.2型で約210万ドット。新開発の4軸マルチアングル液晶モニターはチルトや横開きなどアングルに合わせて自在な調整が可能。

▲ローアングルの撮影にも対応
▲バリアングル型とチルト型の両方を実現したソニーの独自機構も

ファインダーはクラス最高解像度の約944万ドットの高精細OLEDを採用。0.64-type、世界最大0.90倍のファインダー倍率、撮影画像の対角視野角約41度、25mmのハイアイポイントといった特長がある。

記録媒体はスロット1、スロット2ともに、CFexpressType Aメモリーカード、SDXC/SDHCメモリーカードUHS-II/UHS-Iに対応。モードダイヤルの下部に、新たに「静止画/動画/S&Q切り換えダイヤル」を搭載し、各モードごとの露出モード選択も、ダイヤルを回すだけで簡単に設定可能。さらに絞りや露出補正以外にも好みの機能がアサインできる後ダイヤルLとRを搭載し、撮影モードごとに必要な設定をすばやく変更するこができる。それにより、右手だけのカメラ操作の使い勝手が向上したほか、後ダイヤルRは設定が不用意に切り換わらないようロックボタンも搭載している。

そのほかに、長時間連続録画を可能にする放熱構造で、4:2:2 10bitで約30分の8K/24p(25p)動画記録が可能に。カメラ全体の放熱システムの最適化と、ソニー独自に加工した熱伝導性に優れたグラファイト素材を使用している。アンチダストシステムも新たに加わり、撮影環境を選ばない高い信頼性を実現している。

 

キャッシュバックキャンペーン

ソニーは『α7R V』の発売を記念し、購入者限定で最大2万円のキャッシュバックキャンペーンを実施する。概要はそれぞれ下記の通り。

  • 『α7R V』購入期間:2022年11月25日~2023年3月27日
    • 予約販売期間中の購入も対象。
  • 対象レンズ購入期間:『α7R V』購入日~2023年3月27日
    • 『α7R V』の購入を予約した場合は、2022年11月1日から『α7R V』予約日までに購入した対象レンズもキャッシュバック対象。
  • WEB申し込み手続き締め切り:2023年4月10日AM10時

キャンペーン詳細
https://www.sony.jp/camera/campaign/cb22ff_winter/

 

 

◉製品情報
https://www.sony.jp/ichigan/a-universe/special_a7RM5/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/