ソニー、ゲーミングギアの新ブランドINZONEのモニター2機種とヘッドセット3機種を発売


ソニーは、ゲーミングギアの新ブランド「INZONE」として、モニター2機種とヘッドセット3機種を7月8日より発売する(『INZONE M3』のみ2022年内発売予定)。価格はオープンで、市場想定価格は以下のとおり。

ゲーミングモニター
・INZONE M9:154,000円前後
・INZONE M3:未定

ゲーミングヘッドセット
・INZONE H9:36,000円前後
・INZONE H7:29,000円前後
・INZONE H3:12,000円前後

 

「INZONE」シリーズは、ソニーが長年培ってきた、高画質・高音質を追求した独自のノウハウと最新の技術を盛り込んだゲーミングギアの新ブランド。プレイヤーの最大限のパフォーマンスを発揮するためのゲーミングギアを充実させ、世界的に人気のeスポーツ大会に協賛し、ゲーム文化の更なる発展を支援していくとしている。

「INZONE」のゲーミングモニター2機種は、27インチの画面で高画質と高速表示を実現。色彩豊かで高コントラストな画像を、高いリフレッシュレートと1ms(ミリ秒)の応答速度で表示する。『INZONE M9』は、4K解像度と144Hzのリフレッシュレートに加え、直下型LED部分駆動による高コントラストと色再現性で美しいグラフィックを描き出し、プレイヤーの没入感を高める。『INZONE M3』は、リフレッシュレート 240HzのFull HDで、競技性の高いシューティングゲームなどに適している。

INZONEのゲーミングヘッドセットは、ワイヤレスモデル2機種、有線モデル1機種の全3機種で、ゲーム向けに最適化したソニーの「360立体音響」技術である360 Spatial Sound for Gamingを搭載。

 

ゲーミングモニター

◼️没入感を高める高コントラスト・広色域

『INZONE M9』は、ディスプレイのHDR 品質を示すDisplayHDR 600の認証を受けている。直下型LED部分駆動による高コントラストと、広色域、高速応答を両立したIPSパネルを搭載。直下型LED部分駆動によって明暗の差が激しい場面でも細部を鮮明に描写できる。『INZONE M3』は、sRGBカバー率99%のIPSパネルでDisplayHDR 400の認証を取得予定。

 

◼️高いリフレッシュレートと残像感の少ない1ms(ミリ秒)の応答速度

4K/144Hz またはFull HD/240Hzの高いリフレッシュレートでくっきり映像を描写し、応答速度が1msと短いので、残像感の少ないキレのある映像を表示。また、HDMI2.1規格のVRR(可変リフレッシュレート)とNVIDIA G-SYNC Compatible対応により、表示の崩れやカクつくことを防ぐ。瞬間の判断が求められる競技性の高いゲームでも、ストレスなくプレイすることができるとしている。

 

◼️デスクトップの使い方が広がる実用的なデザインと充実した基本機能

三脚形状のスタンドにより、キーボードやマウスパッドを自由にレイアウトでき、画面の高さやチルトの調整も可能。さらに、『INZONE M9』は13色の背面ライティングを搭載。また、オートKVMスイッチを内蔵しており、モニターに接続したゲーミングPCとノートPC間での入力切り替え時に自動でキーボード、マウス、ヘッドセットなどの周辺機器の接続先が切り替わる。DisplayPort 、HDMI 、USB TypeC (DisplayPort Alt Mode)等、豊富な入力端子を搭載。

 

 

 

ゲーミングヘッドセット

◼️360 Spatial Sound for Gaming

360 Spatial Sound for Gaming(ゲーム向けに最適化した「360立体音響」技術)により、ゲーム本来のマルチチャンネルサウンドを生かした、高い臨場感を再現。また音楽用ヘッドホンで実績のある振動板の形状を採用し、低域から高域まで、ゲーム内の音を余すことなく再生できる。ハウジング上に設けたダクトが低域の音をコントロールし、爆発音などの迫力はより大きくなるなど、臨場感の高いゲーム体験を可能にする。

『INZONE H9』ではハイエンドヘッドホン1000Xシリーズで実績のある、デュアルノイズセンサーテクノロジーによるノイズキャンセリング機能を搭載。室内のノイズを遮断することで、シューティングゲームなどにおいて重要なわずかな音も聞き取れるため、プレイへの集中が高まり没入できる。また、本体のボタン操作でアンビエントサウンドモード(外音取り込み)に切り替えることも可能。

 

◼️長時間プレイでも快適な装着性

幅広のヘッドクッションが、頭部にかかる重量負担を分散させる。快適性に大きく影響するイヤーパッドの素材には、遮音性を兼ね添えたソフトフィットレザーまたは肌触りの良いナイロン素材を使用。また、快適性と安定性とのバランスを取った設計により、長時間プレイしても締め付けや圧迫感を感じにくくなっている。

 

◼️低遅延と長時間駆動でストレスフリーなプレイをサポート

PCとの接続は遅延の少ない2.4GHzワイヤレス接続で、スマートフォンとはBluetoothで同時接続が可能。また、『INZONE H9』ではハウジング上のリングLEDランプにより、接続ステータスがより確認しやすくなっている。 なお、本体には40時間 (『INZONE H7』) または32時間 (『INZONE H9』) の連続使用が可能な長時間バッテリーを搭載し、10分の充電で60分の使用が可能なクイック充電に対応。

 

共通の主な特長

◼️PCソフトウェア「INZONE Hub」

PCソフトウェア「INZONE Hub」上で、モニターやヘッドセットの各種設定が簡単にでき、ゲームタイトルごとに画音質の設定を自動で切り替えることもできる。ヘッドセットでは、イコライザーの設定だけでなく立体音響の効果をさらに高める個人最適化にも対応。

 

◼️「Perfect for PlayStation5」~PS5との組み合わせで快適なゲームプレイを実現

モニターとヘッドセットは、PlayStation5でゲームをプレイする際に適した連携機能を備えている。モニターは、オートHDRトーンマッピング(モニターの特性に合わせたHDR設定の自動調整)やコンテンツ連動画質モード(モニターがPS5から出力するコンテンツを判別し画質モードを自動切り替え)により、映像に合わせた画質でゲームを楽しめる。「Perfect for PlayStation 5」対象モデルの『INZONE M9』は、4K/120Hzの入力に対応し、PS5の高いグラフィック品質と高フレームレートを生かした、より臨場感のある滑らかな映像でゲームプレイ体験が楽しめる。

ヘッドセットは、立体音響表現を追求した音づくりを施したPS5の「Tempest 3Dオーディオ」の臨場感あふれるゲームサウンドが体験できる。なかでも「Perfect for PlayStation 5」対象モデルの『INZONE H9』と『INZONE H7』は、設定のステータスを画面上の表示で視覚的に確認できるほか、本体のボタンでゲームとボイスチャットの音量バランスを簡単に操作できる。

 

◉製品情報
https://www.sony.jp/inzone/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/