日本エイサー、Android TVボックス対応スマートプロジェクター「H6815ATV」とプロジェクター「H6815P」を発売


日本エイサー株式会社は、Android TVボックス同梱のスマートプロジェクター『H6815ATV』とプロジェクター『H6815P』の2機種を11月24日より発売した。価格はオープンで、市場想定価格は下記のとおり。

・H6815ATV:178,000円前後
・H6815P:158,000円前後

プロジェクター『H6815ATV』『H6815P』は、解像度は4K UHD(3840×2160)、輝度も4000ANSIルーメンに対応し、日中の太陽光の入る部屋でも明るくくっきり写し出す。

また、コントラスト比は10,000:1と高く設計し、HDR10(ハイダイナミックレンジ)にも対応することにより、暗い部分もメリハリのある映像を楽しめるとしている。さらに10Wスピーカーを搭載しているので、外付けスピーカーなしで音声も楽しむことができる。

『H6815ATV』は、Android TVボックスを使うことでYouTubeやNetflix、Prime Videoなどの対応するストリーミングサービスを楽しむことが可能。加えて、Google アシスタントと Chromecast を内蔵しているため、音声だけで簡単にコントロールでき、スマートフォンから100インチ以上の大画面に直接コンテンツをストリーミングできる。

また、Android TV ボックス用のリモコンがあればGoogleが提供するサービスの使用が可能。リモコンがなくてもスマートフォンに専用アプリを入れればリモコンを探す必要もなくスマートフォンだけで操作可能。

両モデルともにAcer独自機能の明るいシーンの輝度、彩度、シャープネス、ガンマを最適化し、フィールドのグリーンやプレイヤーを鮮やかに映し出す Acer Football モードを搭載。

動きの速い映像もスムーズ見ることができる240Hzのおかげで、ビッグゲームの一瞬を見逃すことはないという。さらに、映像の歪みを補正する台形補正機能と4点コーナー補正機能が付いているので、設置場所に困ることなく使用できる。

加えて、Acer EcoProjection機能を搭載し、Ecoモードに移行時には消費電力を70%まで削減、ランプの交換時間を最長12,000時間まで延長、ノイズレベルも26dBAの静音化を実現。また、パブリックディスプレイや美術館の展示などにも便利な長期間の使用、24時間毎日投影に耐えられるように設計されているとしている。

 

◉製品情報
https://www.acer.com/jp-ja/projectors/home-entertainment/pdp/MR.JWK11.00V

日本エイサー株式会社
https://acerjapan.com

vsw