アルファコード、ももいろクローバーZ・高城れにさんソロコンサートを3台の11KVR カメラで撮影・生配信


株式会社アルファコードは、ももいろクローバーZ・高城れにさんの無観客コンサート「REALIVE360 presents『高城れにの大感さ祭♡(だいかんさしゃい)』」において、VR映像の撮影・生配信を担当したことを発表した。

今回のイベントでは、11K の高精細な360度映像が撮影できるVR カメラ、insta360 Titan3台を、①最前列正面の特等席を独占できる「最前ど真ん中!目線合う席」、②ステージ上で出演者と同じ目線を楽める「一緒にオンステージ!席」、③出番ではない出演者やももクロメンバーが観覧している姿がすぐ近くで見れる「みんなで仲良く観覧!席」の合計3アングルに設置し、生放送で行なった。

出演者は、VR 配信ならではのコンサートの楽しみ方として、VR カメラに視線を合わせて歌う、VRカメラを囲む、客先カメラに行き他の演者も巻き込むなど、VR カメラを効果的に利用したパフォーマンスを行なった。好きな視点を自由なタイミングで切り替えられるため、視聴者からも好評だったという。本番組は、Twitter トレンド日本最高2位、世界最高3位を獲得し、YouTube生配信の総視聴者数は約12,500人に及んだ。同社によれば、「無観客でもVR を利用することで、視聴者に臨場感のあるエンターテインメントを届けることができる新しい試みとなった」とコメントしている。

 

REALIVE360 presents「高城れにの大感さ祭♡(だいかんさしゃい)」とは

ももいろクローバーZ の高城れにさんが、3月7日(土)、8日(日)、9日(月)の3日間、それぞれ大阪・愛知・神奈川で開催予定だったソロコンサートが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、6月に延期することを以前発表していたが、その特別措置として、3月9日(月)18:00 からREALIVE360presents「高城れにの大感さ祭♡(だいかんさしゃい)」と題したVR生配信番組を、神奈川県の開催予定会場だったカルッツかわさきよりYouTube にて無料で生配信した。 今回、視聴者が実際に会場に来て見ているような臨場感を出すため、VR配信サービス「REALIVE360」を使い、360度のVR 映像をYouTube 上で生配信した。

 

マルチアングルVR サービス「REALIVE360」とは

NTT西日本グループは、昨年12月15日(日)、音楽ライブ、観劇、スポーツ等様々な興行を、会場から遠く離れた場所でも高臨場感で体験できるマルチアングルVRサービス「REALIVE360」のAndroid版、iOS版のアプリケーションをリリース。また、12月24日(火)25日(水)には、ももいろクローバーZの音楽ライブ会場である“さいたまスーパーアリーナ”にて「REALIVE360」の有償コンテンツを視聴できるREALIVE チケットを販売し、過去のライブ映像を視聴できるサービスを開始している。今回のVRライブ配信は、2019年9月のアルファコードとNTT西日本との資本業務提携に伴い、検討してきた第1弾のサービスだという。NTT西日本グループが保有するネットワーク基盤の強みとアルファコードが有数るVRコンテンツ製作技術を組み合わせることで実現したという。

 

 

◉詳細情報
https://www.alphacode.co.jp/solution/20200313162221.html

株式会社アルファコード
https://www.alphacode.co.jp/