Arashi Vision、最大11Kの高画質を実現する8つのレンズを持つVR映画用カメラ『Insta360 Titan』を発売


 

Arashi Visionは、8つのレンズを持ち、最大11K画質の360度写真及び動画撮影可能な最新VR映画用カメラ『Insta360 Titan』の予約受付を開始した。2019年4月から出荷を開始する。価格は1,880,000円(税込)。

Titanは初の11K撮影可能の一体型360度カメラ。11K/30FPSの2Dまたは10K/30FPSの3Dの360度動画、11Kの3Dまたは2D 360度写真が撮影可能。他にも8K/60FPS、5.3K/120FPSの360度動画の撮影モードが搭載されている。ビット深度は10bitカラー撮影にも対応可能。

Titanには8つのマイクロフォーサーズ(MFT)センサーが搭載されている。既存の一体型VRカメラとして最大のセンサーサイズとなる。MFTセンサーの搭載により、高画質化、広いダイナミックレンジ、暗所性能の向上を実現している。

 

また、Insta360おなじみのFlowState手ブレ補正技術が実装され、内蔵の9軸センサーでカメラ単体で撮影してもジンバルを使用しているような手ブレ補正や、スマホやタブレットで映像をモニタリングし、カメラを操作できるFarsightシステムも搭載。

Insta360のVRコンテンツ再生技術「CrystalView」は人間の視野角で見れる部分のみ再生し、見れる部分の画質を下げることなく、動画再生に必要な処理能力を下げる。一定のスペックを持つスマホでもTitanで撮影した高画質コンテンツをありのままに再生できる。

 

●サンプル動画

 

●解像度比較動画

 

●暗い環境での比較動画

 

●手ブレ補正の比較動画

 

◉製品情報
https://www.insta360.com/product/insta360-titan/