学生映画祭AOYAMA FILMATE 2018、3月11日に開催。作品応募は2月5日まで


”学生でも魅せられる映画を作る” をコンセプトにした学生映画祭・AOYAMA FILMATE 2018 が、2018年3月11日(日)に青山学院アスタジオにて開催される。応募作品の締切は2月5日(月)まで。

2012年に発足し、今年で7回目となる同映画祭。ビデオサロンも初回から主に告知やレポート、プロによる制作セミナー、副賞提供などに関連した協力を行なっている。

今年度のテーマは「例えばこんな映画祭〜好きな空間ができました〜」。会場を2つにわけ、映画館とは違ったより自由なスタイルでの鑑賞方法を実験してみる。

また、ミュージックビデオ部門では今年度からオリジナルではない楽曲を用いた作品(※)も応募できるようになるなど、新たな試みがなされている。

※楽曲の使用許諾をすべての権利者から得る必要あり。

作品応募要項

募集部門:「短編映画部門」と「ミュージックビデオ部門」の2部門

応募規定
•作品制作時に学生であること
•短編映画部門の作品の長さは上限45分程度を目安とすること。
•ミュージックビデオ部門は、作詞・作曲・音楽実演および映像すべてがオリジナルの完全オリジナル作品か、既存楽曲の使用許諾をすべての権利者(作詞・作曲・実演)から得たうえで、映像がオリジナルの作品が対象。

応募方法
(1)実行委員会メールアドレス(filmate2018@gmail.com)に応募を希望する旨を送信。
(2)実行委員会から、作品応募用紙(PDF)を添付したメールを返信。
(3)作品応募用紙をプリントアウトし、必要事項を記入。
(4)作品応募用紙と作品BD/DVDを、応募先(〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 青山学院大学3号館内山隆研究室宛)に郵送。

応募締切:2月5日(月)必着

応募に関する詳細・注意事項は、AOYAMA FILMATE 2018 応募要項ページを確認のこと。

 

AOYAMA FILMATE 2018
公式サイト:https://filmate2018.wixsite.com/aoyamafilmate2018
公式Twitter:https://twitter.com/filmate2018