第2回新潟国際アニメーション映画祭、「新潟アニメーションキャンプ」の参加者を1月15日より募集開始



「第2回新潟国際アニメーション映画祭」が、新潟市市内中⼼部の7箇所を主な会場として、3⽉15⽇(⾦)〜20日(水)まで開催される。

同映画祭は、⻑編商業アニメーションにスポットを当てた、⻑編アニメーション映画のコンペティション部⾨をもつアジア最⼤の祭典。

この度、映画祭の各企画の中で、世界初のアニメーション・タレント・キャンパスとして注⽬を浴びて
いる「新潟アニメーションキャンプ」の参加者募集を、1⽉15⽇(⽉)より開始する。

第1回⽬の開催では、⽇本在住のアニメーションを学ぶ学⽣(外国⼈を含む)10数名が参加、毎⽇1講座⾏われる著名監督、アーティスト、プロデューサーらによるマスタークラス、コンペティション作品の監督たちとの交流、Forum でのディスカッションへの参加、映画祭で上映される50本を超す⻑編アニメーション作品の鑑賞、そして何より将来につながる、アニメーションを仕事として⽬指す同世代との関係性の構築…など、⼤変有意義なプログラムとなったという。

第2回⽬となる今年は、東アジアの若者たち20名をキャンプに招待。 ⽇本在住者20名に加えて、合計40 名の参加者を募集。対象は、17〜29才の将来何らかのアニメーションの仕事を志す⽅。応募⽅法は映画祭HPに掲載の申込⽤書式(簡単な履歴、ポートフォリオ)に必要事項を記⼊して送信。

合否は2⽉5⽇(⽉)に通知される。また、映画祭より旅費(国内上限3万円・アジア各国10万円)+朝⾷付き宿泊費(新潟市芸術創造村ゆいぽーと)+映画祭パスが⽀給される。

 

6部⾨の上映プログラムと多彩なフォーラム

■プログラム

【⻑編コンペティション部⾨】
⻑編(40 分以上)アニメーション映画に絞ったコンペティション。世界中のエントリーから厳選された作品最終⽇に発表されるグランプリをはじめとするアワードに、どの作品が選ばれるのか注⽬が集まる。

【イベント上映】
最新作、話題作、そして忘れられない数々のアニメーション映画などを招待上映。特別なゲストも交えた華やかなイベントを多数⾏う。

【世界の潮流】
近年のみるべき作品集/企画・制作中作品のプレゼンテーションなど。“アニメーションの今”を代表する作品を、いろいろな視点から世界中から集めて上映。2024年は「新しい作り⽅」/「⼥性監督」/「アジア」他といったテーマを取り上げる。

【レトロスペクティブ】
作家・ムーブメントの再評価。アニメーションの歴史を築き、様々なアーティスト・作品に影響を与えてきた国内外の作家にフォーカスした特集。上映と合わせて関係者によるトークも実施。作品やその業績を振り返ります。

【オールナイト新潟】
ディープなテーマによるオールナイト上映。2024年は「時代劇アニメ」を切り⼝に作品が揃う。豪華ゲストによるトークも⾒どころ。

【⼤川賞・蕗⾕賞】
アニメーションの技術職のスタッフ、企業、スタジオを選出し、その業績を顕彰する。

 

■フォーラム

シンポジウム・講演、特集上映、アカデミック・プログラム、新潟アニメーション・キャンプ

 

◉公式サイト  https://niaff.net

vsw