アストロデザイン、ドローンを利用した8K非圧縮生中継実験に成功


アストロデザイン株式会社は、関西テレビ放送株式会社と共同で実施した有線ドローンを使った8K映像の生中継実験に成功したことを発表した。

今回の実験ではアストロデザインの小型8KカメラヘッドCM-9010-Bの出力を専用の光ケーブルで地上のカメラコントロールユニット(CCU)に伝送し、非圧縮の高画質8K映像が伝送できることを確認したという。また、伝送された8K映像を同社製の8K収録機で同時に録画・再生したり、HD映像を切り出す実験も行ったとしている。

関西テレビ放送ではこれまでドローンと地上を1本の光ケーブルで接続し、4K非圧縮映像とズーム・フォーカス・アイリスなどのマニュアル操作を実現する有線中継システムを開発し、番組で活用している。今後はドローンの小型化や大容量無線伝送に取り組み、スポーツ中継や災害報道へのドローンの活用を目指すという。なお、8K非圧縮映像を有線給電ドローンで上空から生中継する実験に成功したのは国内でこれが初めて。(関西テレビ放送調べ)

 

<協力会社>
有限会社モアーインダストリー

◆8K非圧縮ドローン生中継実験
カメラ     アストロデザイン製 CM-9010-B
生中継映像   8K(7680×4320)非圧縮 12G-SDI×4、60P、HLG
使用ケーブル  U-SDI
収録映像    Glass Valley HQX Codec(7680×4320 4:2:2 10bit)
使用ドローン   DJI製Matrice600Pro(ジンバル:RoninMX)
飛行時間    30分以上(給電装置利用)
飛行高度      地上15m~20m

◆実験写真

▲ドローン操縦者


▲フライト実験の様子


▲8K有線ドローン


▲小型8Kカメラ CM-9010-B

 

 

アストロデザイン株式会社
http://www.astrodesign.co.jp