Avid、どこからでも作業できるポストプロダクション・ワークフローを強化した NEXIS | EDGEを発表


Avidは、どこからでも作業できるポストプロダクション・ワークフローを強化した『NEXIS | EDGE』を発表した。

この新しいソリューションは、革新的なメディアプロキシと共有ストレージAvid NEXISの機能強化により、ポストプロダクション・ワークフローの機能を拡張し、安全な接続を使用してどこからでも作業できる。

『NEXIS | EDGE』を使用すると、チームがポストプロダクション施設で、オンプレミスで作業をする時と同じツールと機能を使用して、世界中のどこからでも接続、コラボレーションができるという。

『NEXIS | EDGE』のWebクライアントを使用すると、エディター、プロデューサー、ショーランナー、制作アシスタントがAvid NEXISを活用できると同時に、幅広いクリエイティブチームやポストプロダクション・チームがシームレスにコラボレーション、メディアの検索、プロジェクトの整理、ストーリーボードの作成、クリップ編集、コンテンツのレビューを行うことができる。

Adobe Premiere Proを使用しているエディターは、Premiere Pro Editing Connectorオプションを使用して、Avid NEXIS | EDGEにアクセスすることができる。

『NEXIS | EDGE』は、Media Composer | Enterpriseのサブスクリプションに含まれ、Avid NEXIS | EDGE WebクライアントとPremiere Pro Editing Connectorはオプションであり、サブスクリプションとして利用可能。

 

どこからでも作業が可能

制作スタジオの既知の信頼できるリソースを活用してリモートで編集し、スタジオ内での編集と同じエクスペリエンスを得ることが可能。インターネットから切断されている場合でも、ワークフローを変更せずに場所を変更できまる。また、Web ブラウザーだけを使用してコンテンツを参照、検索、整理、ログ記録、共有、再生、編集、レビューし、拡張されたチームにコラボレーションを拡大できる。

 

誰とでもコラボレーションが可能

従業員を世界中に分散させて必要な人材を確保し、住んでいる場所や仕事のやり方に関係なく、リモート・ビデオ編集ワークフローでのコラボレーションが可能。プロジェクトが増減するにつれて、制約や物理的な境界なしに、必要に応じてチームをすばやく簡単に拡大縮小できる。

 

お気に入りのツールで制作する

新しいことを学ぶ必要はありません。Avid NEXIS | EDGE は、Media Composer | Enterprise、Adobe Premiere Pro、Avid NEXIS ストレージと連携するため、クリエイティブなグルーヴを保ちながら作業に集中できる。

 

ワークフローを簡素化する

リンクの不要な最先端のワークフローにより、シンプルな選択でプロキシからハイレゾ・メディアへ、またはその逆にすばやく切り替えることができる。少ないストレスで、編集から仕上げとレビューに移行でき、また、制作スタジオでの作業から自宅での作業にも簡単に移行できる。

 

 

 

◉製品情報
https://www.avid.com/ja/products/avid-nexis-edge

アビッド テクノロジー株式会社
https://www.avid.com/ja