Avid、 Media ComposerとNEXISで制作された8K/HDRショートフィルムがアジアン・アカデミー・クリエイティブ・アワードの日本代表に選出されたことを発表


 アビッドテクノロジーは、Media Composer、Avid NEXIS、Artist DNxLQを使用して制作された、関西テレビの少数精鋭チームUHD-worksによる8K/HDRショートフィルム「Three Trees」が、アジアン・アカデミー・クリエイティブ・アワード(AAA)のショートフォーム部門で日本代表(National Winner)として選出されたことを発表した。

AAAはアジア・太平洋の優れたコンテンツを世界に発信することを目的に2018年に設立、今年が40回目の開催となる。40部門にわたり各国の代表作品「National Winner」が選出され、各部門の最優秀賞は12月・3、4日にシンガポールでオンライン開催される授賞式で発表される。

この作品は、映像を現像・編集・グレーディング・フィニッシングまで、Media Composerで完結したもので、2019年のInter BEEへ向けて制作をスタートし、出展ブースにおいてステージ発表・展示にてプロジェクトを紹介した。

◉制作事例を紹介
https://www.avidblogs.com/ja/avid-mc-8k-kansaitv/

 

 

8K/HDR「Three Trees」(9分23秒)


出演:白石聖
音楽:小瀬村晶

ニューヨークフェスティバル金賞などを受賞した8K/HDR「つくるということ」のカンテレUHD-worksによる8K/HDR作品第二弾。深い表現力と凛とした存在感で、抽象的な詩の世界を彩ったのは、女優・白石聖。そして、作品を優しく包みこむ小瀬村晶の音楽。映像の新たな夜明けを予感させる8K/HDRショートフィルムの誕生。

 

【主なスタッフ】
監督・編集・グレーディング:矢野数馬(カンテレ)
撮影:樋口耕平(カンテレ)
技術プロデューサー:横山和明(カンテレ)
照明: 中村貴志(カンテレ)
映像技術:帆足聡一郎(カンテレ)
整音:宮島雅俊(カンテレ)
音響効果: 中嶋泰成
英語字幕:端崎優子(カンテレ)

【特別協力】アビッドテクノロジー
【協賛】フォトロン
【制作著作】カンテレ

 

アビッド テクノロジー株式会社
https://www.avid.com/ja