ブラックマジックデザイン、ウィーザーによる「アフリカ」の新しいミュージックビデオに、 URSA Mini Proの新しいコーデックBlackmagic RAWを使用


カリフォルニア州フレモント 2018年10月22日 – Blackmagic Designはこの日、ウィーザーによる「アフリカ」の新しいミュージックビデオが、URSA Mini Proで新しいコーデックBlackmagic RAWを使用して撮影されたことを発表した。カラーグレーディングおよび編集を含む、ポストプロダクションにはDaVinci Resolve Studioが使用された。

Crush Musicのジェイド・エラーズ(Jade Ehlers)氏およびブレンダン・ウォルター(Brendan Walter)氏により監督された同作は、TOTOの「アフリカ」のリメイク。また、ウィーザーの象徴的なミュージックビデオ「Sweater Song」の再現も意図して撮影された。

ビデオは、バンドがブルーの壁の前で演奏する様子をワンテイクでキャプチャーしており、カメラがバンドの合間をかいくぐって撮影した。ショットはバンドの正面から始まり、セット内の暗い部分と明るい部分を行き来したり、バンドを見下ろしたり、見上げたりするショットが含まれる。

「撮影1週間前に、Blackmagic RAWが発表されたのは完璧なタイミングでした。求めていたものをすべて備えたコーデックでした。オリジナルの『Sweater Song』はフィルムで撮影されたため、映画のようなルックで撮影できるデジタルカメラを探していました。また、厳しいスケジュールの中、限られた予算内で撮影とポストプロダクションが行えるカメラである必要もありました。そういった点で、Blackmagic RAWとURSA Mini Proは完璧でした」とエラーズ氏は語る。

Blackmagic RAWは近代的な新しいコーデック。極めて上質な画質と超高速のパフォーマンスを実現する、新しいインテリジェント・ファイルフォーマット。高度なデモザイク・テクノロジーと画期的でインテリジェントな性能を持ち合わせたBlackmagic RAWは、RAWの品質と利点を維持したまま、従来のビデオフォーマットの速度、使いやすさ、ファイルサイズを取り入れたコーデックだ。

Blackmagic RAWでは、デモザイク処理の一部をカメラに移し、カメラ本体でハードウェアアクセラレーションが行われるため、極めて効率的にエンコードされ、ファイルサイズも小さくなる。Blackmagic RAWは、画像データに加え、カメラセンサー固有の特徴に関する情報を使用できるため、単純なRAWコンテナフォーマットをはるかに超えた存在だ。これにより、高圧縮率でも、はるかに優れた画質が得られる。さらに、ISO、ホワイトバランス、露出、コントラスト、彩度、カスタム・カラースペースなどのRAW設定も完全にコントロールできる。Blackmagic RAWは、カスタマイズ可能なサイドカー・メタデータファイルを含め、幅広い種類のメタデータをサポートしている。加えて、GPUおよびCPUアクセラレーション、第4世代Blackmagic Designカラーサイエンス、固定クオリティおよび固定ビットレートの2種類のエンコード・オプションに対応。

「以前に何度もURSA Mini Proで撮影した経験があったのですが、Blackmagic RAWを使用することで、優れたセンサーを搭載した新しいカメラに突如変わったかのように感じました。Blackmagic RAWのリリース前は、圧縮フォーマットを使って済ますつもりでしたが、Blackmagic RAWでは簡単にRAWでの撮影が可能になりました」と同氏は続ける。

Blackmagic RAWの利点は、各イメージに膨大な量のデータをキャプチャーできることだ。これは、同作の難しい照明条件に対処する上で役に立ったという。セットにはブルーの壁が設置されており、ステージの異なる場所の照明を合計5名で取り回した。移動を続けるカメラに合わせて照明がマッチするように作業すると同時に、ショットの各部がオリジナルのビデオと完全に一致するように調整を行なった。その結果、オリジナルのフッテージの照明と同じ、場所によって異なる照明が再現された。

「ブルーの壁は、場所によって照明の反射の仕方が異なっていて、また暗い部分が所々に点在していました。そのため、設定を2段下げ、ISO800で撮影する必要がありました。ポストプロダクションで修正できるように対策的にこの手段を用いました。Blackmagic RAWが実力を発揮したのは、ここでした。ポストプロダクションでISO1600まで上げることができ、DaVinci Resolve Studioで適切な彩度に調整でき、また、すべてのディテールが捉えられていました。調整がすばやく簡単に行えたのも良かったですね。極めて小さなファイルサイズで、優れた画質と詳細なディテールが得られました」と同氏。

Blackmagic RAWでは、プロジェクトの撮影、編集、グレーディングが単一のファイルフォーマットで行える。撮影時におけるカメラでの調整や設定は、メタデータとしてDaVinci Resolveに引き継がれ、すべて編集できる。さらに、DaVinci ResolveでRAW設定に変更を加えることもできる。Blackmagic RAWをサポートする他のアプリケーションでファイルを開いた場合でも、その設定が自動的に確認可能。複数のソフトウェアアプリケーションを使用していても、一貫したルックとコントロールが得られる。これは、異なるプラットフォームの場合でも同じだ。Blackmagic RAWは、世界最速で、最高品質のRAWフォーマット。

「Blackmagic RAWのおかげで、各ショットのカラーの幅が広がりました。最も驚いたことは、セットで使っていたラップトップで直ぐにRAWファイルを再生できたことです。同じファイルで、撮影、編集、カラーグレーディングが可能なので、これだけで半日から8時間分の作業を減らすことができました。書き出しに数時間を費やす代わりに、ポストプロダクションでオリジナルのカメラファイルで自由に作業できました。本当に我が目を疑いました」と同氏は続ける。

同作の撮影には、高品質の映画のような画質が得られるカメラを求めていたが、ワンテイクで撮影するため軽量であることも重要だった。URSA Mini Proの重量は約2.3kgであるため、スーパー35の4.6Kセンサーと15ストップのダイナミックレンジを搭載した同カメラは、エラーズ氏とウォルター氏が必要としていた要件をすべて満たしていた。

「満足いくショットが得られるまで6回撮り直しました。つまり、ネイサンはカメラに加え、それにリグ付された機器、レンズ、メディアを担ぎ続ける必要がありました。URSA Mini Proはフルでリグ付けしても約13kgに収まり、極めて小型であるため、ネイサンにとって重量が過大な負担にならず、必要なショットを撮影することができました」とエラーズ氏は締めくくった。

◉ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp