ブラックマジックデザイン、12K/60fps撮影可能なデジタルフィルムカメラ Blackmagic URSA Mini Pro 12K を発表


ブラックマジックデザインは、12K/60fps撮影が可能なデジタルフィルムカメラ 『Blackmagic URSA Mini Pro 12K』を7月に発売する。価格はUS$9,995で、日本円は1,138,000円(税別)。

『Blackmagic URSA Mini Pro 12K』は、最先端の12288×6480 12K スーパー35 イメージセンサーを搭載しており、ダイナミックレンジは14 ストップ。12K の80 メガピクセル/フレームで最大60fps の高フレームレートでの撮影に対応している。URSA Mini Pro の第3 世代である同カメラは、第5 世代のBlackmagic カラーサイエンスとパワーアップしたBlackmagic RAWをサポートしている。

80 メガピクセル/フレーム、新しいカラーサイエンス、Blackmagic RAW の柔軟性を組み合わせたことで、12K の処理が可能になった。12K からオーバーサンプリングすることで、ハイエンドのスチルカメラのような繊細なスキントーンと驚異的なディテールを持つ8K および4Kイメージを得られる。12Kでは60fps、8Kでは110fps、そして4Kスーパー16では220fpsまでの撮影が可能。URSA Mini Pro 12K は、交換可能なPL マウント、内蔵ND フィルター、デュアルCFast およびUHS-II SD カードレコーダー、SuperSpeed USB-C 拡張ポートなどを搭載。

URSA Mini Pro 12K の超高解像度は、劇場映画、テレビ番組、イマーシブな大画面IMAX などの制作に適している。オブジェクトのエッジの解像度が極めて高いので、グリーンバックの作業や、ライブアクションとCGI の合成などのVFXに最適。12Kをスーパーサンプリングすることにより、8K で優れたカラーや解像度が得られるだけでなく、エイリアスのないスムーズな映像になるとしている。

ネイティブ解像度12288×6480の新しいセンサーを搭載。これは80メガピクセル/フレームに相当する。スーパー35 センサーは、14 ストップのダイナミックレンジ、そしてネイティブISO800 に対応。新しい12K センサーは、赤、緑、青のピクセル数が同じで、複数の解像度のイメージ用に最適化されている。12Kでは60fps の撮影が可能だが、センサー内のスケーリングを使用することで、110fps までの8K および4K RAW の撮影も可能。クロッピングしたり、視野を変更したりする必要はない。URSA Mini Pro は交換可能なレンズマウントを搭載しているので、ビンテージレンズから最新のシネマレンズまで、幅広いオプションから選択できる。

12K RAW で撮影することにより、ポストプロダクションの段階で、ディテール、露出、カラーを詳細にコントロールできる。オーバーサンプリングにより非常にシャープでエッジの滑らかな8K映像を得られる。何よりも、Blackmagic RAW は12Kのポストプロダクションを効率化するよう設計されているため、HD やUltra HD ファイルと同じくらい簡単に12Kで作業できるという。Blackmagic RAW は高度に最適化されており、マルチスレッドに対応。複数のCPU コアで処理でき、GPU アクセラレーションにより、Apple Metal、CUDA、OpenCL と使用できる。これまでにない高解像度で、4K/8K での高品質のカラーグレーディング、キーイング、合成、リフレーミング、スタビライズ、トラッキングが可能。

第5 世代のBlackmagic カラーサイエンスは、新しくフィルムカーブに対応。これは、URSA Mini Pro12K のセンサーから得た膨大な量のカラーデータをフル活用するよう設計されている。これにより、色応答がさらに向上したため、見栄えの良いスキントーンが得られ、また、高コントラストのシーンにおけるネオンサインや車のテールランプなど、彩度の高いカラーのレンダリングもより高品質で実現できる。複雑なBlackmagic RAW イメージ処理に対応しており、センサーからのカラーおよびダイナミックレンジのデータをメタデータとして保存して、ポストプロダクションで使用できる。これまでに収録したBlackmagic RAWファイルとも互換性を持っているため、既存の作品でも新しいフィルムカーブを活用できる。

さらに、標準的な解像度およびフレームレートで撮影でき、4K、8K、12K ではディテールが得られる。RAW の場合、60fps で80 メガピクセル/フレームに対応しており、1 台のカメラで、完璧なスチルやモーションショットを同時にキャプチャーできる。12K では、12288×6480(17:9)の解像度で、60fps までの撮影
が可能。より高いフレームレートで撮影したい場合、8192×4320 では110fps、8192×3408 では140fps、スーパー16 のウィンドウセンサーでは、4096×2160 4K DCI で220fps に対応する。URSA Mini Pro 12K は、様々なフレームレートおよび解像度に柔軟に対応しているため、描画能力が改善され、低フレームレートで8Kあるいは4Kで撮影している場合でも、スムーズなエッジを得られる。

主な特長

• 12288×6480 12K スーパー35 センサー
• 劇場映画、VFX、ハイエンドのテレビCM の撮影向け
• 14 ストップのダイナミックレンジ、ネイティブISO800
• パワーアップしたBlackmagic RAW でリアルタイムで12K 編集に対応
• Blackmagic RAW は、Metal、CUDA、OpenCL 向けに最適化されている
• 第5 世代カラーサイエンスには、新しいフィルムカーブを搭載
• 12K では60fps、8K では110fps、4K では220fps までの撮影が可能
• デュアルカードCFast 収録は最大900MB/s に対応
• PL マウントを同梱。EF とF マウントをサポート
• SuperSpeed USB-C で外付けディスクに収録
• ポストプロダクション用のDaVinci Resolve Studio を同梱
• 新製品Blackmagic URSA Mini Recorder と互換

 

◉製品情報
https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/blackmagicursaminipro

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp