ブラックマジックデザイン、NRKの「Atlantic Crossing」がDaVinci Resolveでグレーディングされたことを発表


ブラックマジックデザインは、8話構成の歴史ドラマである「Atlantic Crossing」が、Nordisk Film Shortcut Osloのシニアカラリストであるディラン・R・ホプキン(Dylan R. Hopkin)氏によりDaVinci Resolveでグレーディングされたと発表した。

「THE BRIDGE/ブリッジ」や「Arn」で知られるソフィア・ヘリン(Sofia Helin)、「ツインピークス」や「セックス・アンド・ザ・シティ」のカイル・マクラクラン、「Exit」や「The Last Kingdom」に出演歴のあるトビアス・サンテルマン(Tobias Santelmann)を迎えた同シリーズは、第二次世界大戦中に自国のために闘った王太子妃マッタの悲劇とその結婚生活を描く。

「幸いにも、2018年10月に行われた最初のカメラとレンズテストから参加することができました」とホプキン氏は説明する。

「このような初期段階からプロジェクトとその核となる制作チームと関わることができて本当に楽しかったです。撮影中に複数のテストグレードを作成し、制作チームからの質問に答えるための打ち合わせを行いました」

同氏によると、本作では絵画のようなルックで映像を引き立て、登場人物、衣装、セットや美術、歴史的に重要な場所などが現実のものと感じられるようにして欲しいと依頼されたという。

「ソフトなハイライトのロールオフが得られるカスタム・コントラストカーブをDaVinci Resolveで作成し、低めのガンマのフィルライトによりシャドウでより多くのディテールとほぼ100%のブラックを得られるようにしました。また、シャドウにわずかにシアンを加えることで色の区別を際立たせました」

同作は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、イギリス、アメリカを舞台としている。同氏は、これもグレーディングに反映させた。

「各国の微妙な違いをルックに追加しました」と同氏は説明する。「戦乱のオスロとロンドンは暗くて冷たい色相にし、ワシントンD.C.は希望に満ちた雰囲気を表現するために、彩度の高い明るい色調を採用しました」

特に役に立ったツールはOpenFXプラグインに搭載されているフェイス修正だったと同氏は語る。

「1940年代のファッションは帽子をかぶることが多く、帽子のつばによる影で俳優の目が暗くなっている映像が多数ありました。Power Windowをトラッキングして顔を明るくすることに加え、フェイス修正の目のライトアップ機能で目を若干明るくしました」

ポストプロダクション全体を通して、同氏はRec.709規格に則って作業をした。「Resolveに搭載されているOpenFXの色域マッピングで色域のカラーを弱め、GPUアクセラレーションされたビデオスコープでビデオレベルに常に注意して作業を行いました。納品用ファイルはすべてSDRの1080p25で作成しました」

新型コロナウイルス感染症の影響で、同氏は他のスタッフと直接会って作業することができなかったが、遠隔テクノロジーを用いることでプロジェクトを継続できた。

「DaVinci ResolveでのFrame.ioに対するサポートは非常にしっかりしているので、自宅などから作業する上で欠かせない存在となりました。グレーディングタイムラインに直接コメントできる機能は本当に役立ちました。作業にこの方法を用いたことで、今後の可能性が大いに広がりました。また、世の中が以前の状態に戻っても、新しい仕事の仕方として引き続き重要となるでしょう」

同作は現在ノルウェーのNRKで放送中。アメリカでは、2021年春にPBS Masterpieceでリリース予定。

 

◉ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp