ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve for iPadを発表。2022年の第4四半期より無料でダウンロード可能に


ブラックマジックデザインは、「DaVinci Resolve for iPad」を発表した。2022年の第4四半期よりApp Storeから無料でダウンロード可能になる予定。「DaVinci Resolve Studio for iPad」へもアプリ内購入でアップグレードが可能。

「DaVinci Resolve for iPad」は、MultiTouchテクノロジーとApple Pencilに最適化されており、カットページおよびカラーページをサポート。DaVinciのイメージテクノロジー、カラーフィニッシングツール、最新のHDRワークフローを使用できる。

Appleシリコン用に最適化されたパフォーマンスにより、M2搭載のiPad ProにおけるUltra HDのProResのレンダリング性能はこれまでの4倍の速さを実現。M1チップ搭載の12.9インチiPad Proでは、HDRもサポートされている。

 

グレーディングモニター用のクリーンフィード出力はApple Studio DisplayやPro Display XDR、またはAirPlayと互換性のあるディスプレイに送信できる。これにより、外部ディスプレイを使用して、オンセットでグレードをすばやく作成したり、ポストプロダクションでクリップのカラーコレクションを直接iPadから実行が可能。

標準のDaVinci Resolveプロジェクトファイルの読み込みと作成が可能で、これらのファイルはデスクトップ版のDaVinci Resolve 18と互換性がある。H.264、H.265、Apple ProRes、Blackmagic RAWのファイルフォーマットに対応。クリップは、iPad Proの内部ストレージおよび写真ライブラリに加え、外部接続しているUSB-CメディアディスクまたはiCloudから読み込みも可能。

 

 

主な特長

  • カットページは編集用。カラーページは12.9インチiPad Proディスプレイ向けに最適化。
  • M2チップ搭載のiPadではUltra HDのProResのレンダリング性能がこれまでの最大4倍の速度に改善。
  • DaVinci Resolve Studio for iPadはApple Neural Engineをサポート。
  • DaVinci Resolve 18プロジェクトファイルと互換。
  • Blackmagic Cloudを介した複数ユーザーによるコラボレーションに対応。
  • H.264、H.265、ProRes、Blackmagic RAWメディアファイルのサポート。
  • iPadのストレージ、写真ライブラリ、iCloudのクリップをサポート。
  • 外付けUSB-Cディスクからのクリップの読み込み。
  • Apple Pencil、Magic Trackpad、Magic Keyboard、Smart Keyboard Folioを使用可能。
  • Apple Studio Display、Pro Display XDR、AirPlayディスプレイを介した外部モニタリング。
  • M1チップ搭載の12.9インチiPad Proは、HDRをサポート。
  • iPadOS 16以降と互換。

 

 

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp