ブラックマジックデザイン、ホーランド・アメリカラインのクルーズ船の進水式をBlackmagic製品でライブストリーミング


ブラックマジックデザインは、シアトルを拠点とするPunch Drunk Productionsが、URSA BroadcastおよびATEM Camera Control Panelを始めとするBlackmagic Designの製品ですべて構成されたワークフローを用いて、ホーランド・アメリカラインの最新客船であるニュースタテンダム号の進水式をライブストリーミングしたと発表した。

フロリダ州フォートローダーデールのエバーグレーズ港に停泊したニュースタテンダム号のWorld Stage Theaterからのライブストリーミングでは、同船の公式進水式の様子を伝えた。進水式は、造船における古くからの儀式で、新造の船舶とその乗員や乗客に幸運と安全をもたらすものと信じられている。 式では、ホーランド・アメリカラインのCEOであるオーランド・アシュフォード(Orlando Ashford)氏、ニュースタテンダム号の船長および乗員に加え、ホーランド・アメリカラインなど多数のクルーズブランドの運行会社であるカーニバル・コーポレーションのCEOであるアーノルド・ドナルド(Arnold Donald)氏がスピーチを行ない、シャンパンボトルを船首で割る儀式で幕が落とされた。式の様子は、ホーランド・アメリカラインのウェブサイト、Facebookページ、YouTubeチャンネルでライブストリーミングされ、世界各地から数十万におよぶ人々により視聴された。

生放送およびマルチカム制作会社であるPunch Drunk Productionsは、日々進化を遂げるライブイベントで生じる多様な問題を解決する手腕に長けた会社だ。ニュースタテンダム号の進水式の制作には、Punch Drunkの創設者/クリエイティブ・ディレクターのジェイコブ・ストーン(Jacob Stone)氏を筆頭に13名のスタッフが、制作における3つの大きな課題を乗り越えられるソリューションを構築した。その過程において、Blackmagicの製品が、その使いやすさ、画質、搬入のしやすさの面で優れていると判断され、ワークフローに導入された。

さらに、コントロール室では、UltraStudio Mini RecorderでWirecastとOpen Broadcast Softwareを使用してウェブストリーミングを行い、グラフィックエフェクトの再生用に、カスタムソフトウェアを併用したHyperDeck Studio Miniが1つはフィルの出力、もう1つはキーの出力に使用された。また7台のHyperDeck Studio ProでマスターおよびISO収録が行われた。

「HyperDeck Studio Miniの潜在能力の高さに最近になってようやく気づきました。例えば、グラフィックス担当者がHyperDeck Studio Miniでアルファチャンネル付きのProRes 444ファイルの再生をトリガーするソフトウェアを作成したのですが、これにより2つの個別のSDI出力が得られました。メディアはHyperDeck Studio Miniに保存され、ATEMのDVEシステムに直接フィードされます。つまり、類似した機能を搭載した機器に多額を費やす代わりに、わずか数万円の再生機器で専用のキー&フィル出力が使用できました。」

同氏は続ける。「今回のコントロール室はこのイベントのために特設されたので、このようなプロジェクトにはモジュール式のBlackmagic Designの製品は大変重宝します。Pelicanのキットに、それぞれ異なる構成で事前にカメラ一式を梱包して、準備万端の状態にしておきました。それを受け取ったカメラマンは、現場でカメラの位置に応じて、必要なアクセサリやツールを選んでセットアップしました。Blackmagic Designの素晴らしい点は、放送機器を今まで触ったこともなかったような人にも手の届く存在にしたことですね。Punch Drunkのような放送会社でシステム一式を所有することができれば、実際の放送制作がいかに行われているかを次世代の人々に見せることができると思います。」

 

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp