ブラックマジックデザイン、コナミクリエイティブセンター銀座のeスポーツスタジオ撮影にBlackmagic製品が採用されたことを発表


ブラックマジックデザインは、コナミクリエイティブセンター銀座で、Blackmagic URSA Broadcast カメラやATEM 2M/E Production Studio 4Kをはじめとする多数のBlackmagic製品が使用されていることを発表した。同施設のスタジオは2020年1月にオープンし、Blackmagic Designのワークフローを多く取り入れて構築されている。

コナミホールディングス株式会社はゲームソフトやアミューズメント機器の製造および販売、そのほか様々な事業を行う国内大手企業。同社は近年、eスポーツにも注力しており、今年オープンしたコナミクリエイティブセンター銀座は、eスポーツの配信スタジオ、eスポーツの体験型ショールームとしてのストア、eスポーツで活躍する人材を育てるスクールからなる複合施設だ。さらに配信スタジオは、eスポーツ以外の用途でも公共的屋内施設として貸出してさまざまな用途で利用できるという。

同施設のスタジオは452インチの大型LEDビジョンと高品質なサラウンド音響システムを有し、臨場感のある視聴体験が可能となっている。そのスタジオのメイン撮影システムとしてBlackmagic URSA Broadcast、Blackmagic URSA Studio Viewfinder、Blackmagic Camera Fiber Converterが各3台、そしてBlackmagic Studio Fiber Converterが導入された。各カメラの出力はCamera Fiber Converterで光ケーブルに変換され、サブコントロールームのBlackmagic Studio Fiber Converterに送られる。光ケーブルは6回線敷いてあり、簡単に持ち込みカメラなどにも対応できるようになっている。

また上階にあるサブコントロール室にはATEM 2M/E Production Studio 4KとATEM Camera Control Panelが設置され、URSA Broadcastの調整を行う。ATEMスイッチャーでオーディオとタイムコードをエンベデッドしたISOカメラやプログラム出力を4台のHyperDeck Studio 12Gで収録できるようになっている。映像確認用には、4台のSmartView 4Kが使用されている。また、eスポーツの試合でチーム対戦した場合でも各プレーヤーのゲーム機の信号を収録できるよう14台のHyperDeck Studio Miniが導入されている。

さらに、施設内のショップやスクールなどの各部屋にもホールのライブ映像を配信するため、Smart Videohub 20×20ルーターを介して任意の信号切り替えて送っている。

システムインテグレーションを担当した三友株式会社、技術事業部の綿引徹氏は今回の導入についてこう語った。

「HDでも4Kでも柔軟に対応できる撮影/収録システムを構築しようとした時に、Blackmagic以外に選択肢はありませんでした。優れたコストパフォーマンスでお客様が求めていたことを実現できました」

 

 

◉ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp