ブラックマジックデザイン、南アフリカの競馬の生放送でURSA Broadcastのマルチカムシステムが使用されたことを発表


 

ブラックマジックデザインは、南アフリカで最も権威ある複数の競馬場で行われる競馬の生放送で、多数のBlackmagic URSA Broadcastが使用されたことを発表した。

ライブプロダクションの専門家であるEFX Productionsは、ネルソン・マンデラ・ベイにあるフェアビュー競馬場の固定ギャラリーのインフラを組み込んだIPベースの4K放送ソリューションや、ケープタウンにあるケニルワース競馬場とダーバンヴィル競馬場を行き来する野外中継トラックを開発。

このシステムにより、現場の撮影チームがレースのライブ映像を撮影・制作して、世界中のスポーツチャンネルや支局に提供することが可能となった。

「競馬場の放送システムが老朽化したため、鮮明で正確な映像を長距離送信できる最新の野外ワークフローを確立する必要がありました」EFX Productionsのテクノロジー部門のトップであるブレンダン・マーセイ(Brendan Marsay)氏は説明する。「撮影に関しては、2つのシステムで26台のURSA Broadcastカメラをしています。このカメラの全体的なパフォーマンスや多用途性は素晴らしいですね」

これらのカメラは、URSA Studio Viewfinderと共に、レーストラックの周囲に一定間隔で置かれたタワーに設置された。また、それぞれのセクションで求められるショットに応じて、様々なCanonレンズが装着された。URSA Broadcastの映像を補完するするために、複数の超スローモーションカメラやPTZカメラが使用され、レースを完全にカバーした。

「URSA Broadcastは、低消費電力で大きな電圧入力に対応するため、小型のソーラーリグからの電源供給に最適です」

マーセイ氏は続ける。

「これにより、カメラを継続して使用できます。高価な電源やハイブリッドのファイバーケーブルなどを用意する必要はありません」

このソリューションを繋ぐのは、会場中に張り巡らされたITグレードのファイバーネットワークである。複数のATEM Talkback Converter 4Kがカメラチャンネルを繋いで、各カメラ映像は制作デスクへと送信される。そこでプログラムがスイッチングされ、さらに放送局がアクセスできるように、クラウドベースのプラットフォームにアップロードされる。

「EFX Productionsは長年に渡り様々な生中継を行なってきましたが、競馬の中継は今回が初めてで、このことが功を奏したと思います」

マーセイ氏は続ける。

「私たちの課題は、新しい視点を取り入れ、高品質で見応えのある魅力的なレースを視聴者に届けることです。このソリューションの中心となったのが、URSA Broadcastをベースとした撮影のセットアップでした。このセットアップのおかげで、世界中の競馬ファンを画面に釘付けにするために必要な、中継のレベルと質を確保することができました」

マーセイ氏は最後こう結んだ。

 

◉ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp