キヤノン、カメラ任せの記録が可能な自動撮影カメラ PowerShot PICK を発売


キヤノンは、独自のアルゴリズムにより、自動で被写体の認識や追尾、構図の調整を行い、静止画や動画を撮影することができる自動撮影カメラ『PowerShot PICK』を11月末に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は45,980円(税込)。

『PowerShot PICK』は、電源を入れて置いておくだけで、周囲にいる人物の顔を自動で認識し、適切な構図で自動撮影してくれるカメラ。自動撮影により、その場にいる全員が被写体になるとともに、カメラを意識しない自然で豊かな表情や思いがけない瞬間の撮影が可能。家族との日常の記録や、グループでのイベントの撮影など、さまざまな撮影シーンで活用することができる。

 

主な特長

1.カメラ任せの記録が可能な自動撮影カメラ
・独自のアルゴリズムにより、周囲の人物の顔を自動で認識し、被写体の顔の位置・大きさなどに基づいた構図の自動調整や、被写体の表情などを考慮した自動撮影が可能。

・撮影中に被写体が移動した場合も、画角内に収まり続けるように、被写体を自動追尾。

・被写体の状況により、カメラが自動で静止画・動画を判断して撮影。

・人物の顔を自動で登録。登録された人物を優先設定にすることで、特定人物の写真や動画を優先的に撮影することが可能。

・鏡筒によるメカ制御と動画電子IS の組み合わせによる手ブレ補正を実現。手持ち撮影時もブレの少ない撮影が可能。

・撮影データからおすすめの静止画や動画が自動で抽出されるため、撮影後のデータの選定や共有も容易。


▲使用シーンのイメージ

 

2.気軽に持ち運べる小型・軽量ボディー

・約Φ56.4mm(直径)×約81.9mm(高さ)、質量約170g の小型・軽量ボディーを実現。気軽に持ち運ぶことができ、旅行やアウトドアなどさまざまなシーンで使用することが可能。

・ヘッド(カメラ)部の回転角度は、パン(左右振り)が最大約±170°、チルト(上下振り)が水平を基準に最大約-20°(下)~約90°(上)。ズームとの組み合わせでスムーズな被写体追尾や画角調整が可能。

・有効画素数最大約1170 万画素の1/2.3 型CMOS センサーと、光学3 倍ズームレンズ(19-57mm 相当/F2.8-5.0)を搭載。

 

3.音声コマンドやアプリとの連携で快適な操作を実現

・音声コマンドによるハンズフリー操作に対応。「静止画撮影」「動画撮影」「被写体の探索開始」「自動撮影一時停止」の4 種類の動作を音声で操作することが可能。

・スマホ専用アプリ「Connect app for Mini PTZ Cam」と連携することで、撮影データの閲覧や、ユーザーの好みに応じた撮影条件カスタマイズ、リモート撮影画面を活用した遠隔操作が可能。

・iOS 版の「Connect app for Mini PTZ Cam」では、撮影データを抽出・結合して、ひとつの動画に編集されたハイライトの作成が可能。

・PC とWi-Fi で接続することで、カメラの映像をウェブカメラとして使用可能。PC からのパン・チルト・ズームのリモート操作や、映像のウェブ配信を実現。

 

 

 

◉製品情報
https://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/pick/

キヤノン株式会社
https://canon.jp/