キヤノン、CINE-SERVOレンズ CN10×25 IAS Sを発表


 

キヤノンは、EFシネマレンズの新製品として、CINE-SERVOレンズ CN10×25 IAS S ⁄ E1(EFマウント)とCN10×25 IAS S ⁄ P1(PLマウント)を、2020年7月上旬に発売すると発表した。価格はともにオープン価格。

新製品は、8Kカメラに対応する光学性能と高倍率の10倍ズームを実現し、1.5倍のエクステンダーをレンズ本体に内蔵した「CINE-SERVOレンズ」シリーズのEFシネマレンズ。8Kカメラに対応する高い光学性能を生かして、4Kカメラでも高品位な4K映像の撮影ができる。

肩担ぎが可能な軽量設計に加え、放送用レンズ同様の操作性を実現する着脱可能なドライブユニットを標準装備しており、放送コンテンツ制作用途から、映像制作用途まで幅広いニーズに対応する。

8Kカメラに対応する光学性能

特殊低分散ガラスを用いたレンズや大口径非球面レンズを採用し、それらを最適配置する独自の光学設計技術により、色にじみや色収差を良好に補正し、ズーム全域で画面中心から周辺部まで8Kカメラに対応する光学性能を達成。1.5倍の内蔵エクステンダー使用時でも、8Kカメラに対応する光学性能を維持しており、高品位な8K映像を撮影できる。

幅広い焦点距離を持つ10倍ズーム

映像制作市場で業界標準となるスーパー35mm相当サイズの大判センサーを搭載したカメラに対応するレンズとして、焦点距離25-250mmをカバーする10倍ズームを実現。内蔵エクステンダー使用時は、ズーム域を焦点距離37.5-375mmに切り替えられるほか、35mmフルサイズセンサーに対応するレンズとして使用することもできる。

着脱可能なドライブユニットや快適な撮影を実現する多彩な機能

着脱可能なドライブユニットを標準装備し、ドライブユニットを取り外すことにより映像制作市場で主流のマニュアル操作にも対応します。また、”CN10×25 IAS S ⁄ E1(EFマウント)”は、CINEMA EOS SYSTEMのデジタルシネマカメラとの組み合わせにより、動画撮影に適した滑らかなAF動作と高い追従性を実現した「デュアルピクセルCMOS AF」などが使用できる。

 

   ドライブユニットを装着したENGスタイル

ドライブユニットとフードを外した状態

 

CINE-SERVOレンズ CN10×25 IAS S の製品紹介ページ

https://cweb.canon.jp/cinema-eos/lineup/ef-cinemalens/cn10-25ias/