ヒビノ、デンマークの音響機器メーカーDPA Microphonesのバイノーラル・マイクロホン『CORE 4560』を発売


 

ヒビノインターサウンド株式会社は、デンマークの音響機器メーカーDPA Microphones(ディーピーエーマイクロホンズ)のバイノーラル・マイクロホン『CORE 4560』を2月10日(月)より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は、12万円前後。

『CORE 4560』は、映画制作や放送局をはじめとする世界中のサウンドシーンで高い評価を得ている高品位ミニチュア・マイクロホンを搭載するヘッドセットタイプのバイノーラル・マイクロホン。イヤホンのように両耳にセットした高性能マイクが、周囲のサウンドを正確かつ自然に収音。

世界中の放送局や劇場など、音質に厳しいプロの現場において高い評価を得ているミニチュア・マイクロホン「CORE 4060」を搭載。CORE 4060のマイク径はわずか5.4mm。その小ささからは想像できないほど透明感のある自然な音質が特長の無指向性コンデンサー型マイクロホン。映画「スパイダーマン:ホームカミング」や「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の撮影に採用されるなど、プロフェッショナル・シーンにおけるスタンダードマイクとして使用されている。

また『CORE 4560』には、感度の差が1.5dB以内の厳選したふたつのマイク「CORE 4060」を搭載しているため、左右のバランスが良い極めてナチュラルな収音を実現。

 

 

ヘッドバンド部には、頭のサイズや形状に合わせて適切に調整可能な軽量かつ柔軟性の高いフレームを採用。左右のイヤーフック部にあるマイクは、イヤホンと同じ要領で外耳道の近くに配置。付属のウインドスクリーンを使用することで、ウインドノイズを防ぐと同時にマイク位置が安定。付属のクリップで衣服に固定することにより首を動かしてもマイクがずれにくく、安心して動き回ることができる。またコンパクトかつスマートなデザインのためマイクそのものが目立ちにくく、街中でも自然な収音が可能。

CORE 4560のマイクカプセルは「IP58規格」に適合している。塵や水分に対する高い耐久性を備えているため、マイクカプセルは純水を使用したクリーニングも可能。

CORE 4560の出力コネクターにはMicroDotタイプを採用し。別売の変換アダプターと組み合わせることで各社のワイヤレスシステムに接続することができるほか、XLR3ピンコネクターへ変換して各種レコーダやミキサーへの接続も可能。また、DPAのオーディオインターフェース”MMA-A”を併用することで、iOSデバイスへ容易に接続が可能。各種レコーディングアプリを使用して、簡単に録音することができる。

 

▲CORE 4560の出力コネクター(左)、MicroDot→XLR(右)

 

【マイクの部の仕様】

指向特性:無指向性
形式:プリポラライズド・コンデンサー型
周波数レンジ:20Hz~20kHz
感度(±2dB,1kHz):-34dB re 1V/Pa
等価雑音レベル(Aウェイト):23dB(A)re. 20μPa
全高調波歪率(THD):1%以下(129dB SPLピーク)
ダイナミックレンジ(代表値):106dB
最大音圧レベル:134dB SPL peak
電源:ファンタムDC48V±4V、ワイヤレスシステム:5V~50V
コネクター:MicroDot×2
質量:約30g ※ケーブル含む
付属品:ウインドスクリーン大×2、ウインドスクリーン小×2

 

◉製品情報
https://www.hibino-intersound.co.jp/information/5903.html

ヒビノ株式会社
https://proaudiosales.hibino.co.jp/