パナソニック、LUMIXハイエンドモデル3機種のファームアップを5月30日から実施


パナソニックは、LUMIXハイエンドモデルDC-GH5、DC-G9、DC-GH5Sの3機種のファームアップを発表した。ダウンロード開始日は、5月30日(水)予定となっている。

3機種全てに新機能としてフィルムの表現を追求したフォトスタイル「L.モノクロームD」とアナログライクなフィルムの質感を表現できる「粒状」モードが搭載される。また性能の面でもオートフォーカス性能や音声性能が向上されている。

【対象機種ごとの新機能】
◉DC-GH5(ファームウェアバージョン2.3)

【1】追加の新機能紹介
●味わい深いフィルムの表現を追求したフォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載
GX7MarkIIIに搭載している新フォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載。ハイライトとシャドウを強調し、絶妙にディテールを残した、味わい深いモノクローム写真を撮影することができる。

●アナログライクなフィルムの質感を表現できる「粒状」モードを搭載
モノクロフィルム写真の質感を表現する「粒状」モードをフォトスタイルの画質調整に搭載。アナログライクなランダムノイズを再現し、モノクローム写真にアクセントを加えることができる。

【2】その他、追加の新機能紹介
●カスタムメニューに、フォーカスリング操作を無効にしてピント位置を固定する「フォーカスリングロック」機能を追加

●WB/ISO/露出補正ボタンを「押している間」設定変更できる機能を追加

●カスタムメニューの「操作ロック設定」に、「ダイヤル」を追加

●暗所での撮影時に、モニターに表示する被写体を確認しやすくする「ライブビューブースト」を追加

●「マニュアルフォーカスアシスト」の拡大倍率を最大20倍にアップ

●暗所での撮影時に、画面のまぶしさによって周囲が見えにくくなることを軽減する「ナイトモード」を追加

●セットアップメニューに、電源表示ランプ、WIRELESS接続ランプを消灯できるメニューを追加

【3】主な性能改善、使用性の向上
●オートフォーカス性能の向上
・動画記録中のAF追従性能を向上
・シャッター速度を角度表示で使用する際、180度設定時のAF速度を改善

●ボディ内手ブレ補正性能の改善
・同社製広角ズームレンズ(H-F007014, H-E08018)を使用して動画の歩き撮りを行う際に、周辺が歪むことがある現象を改善

●音声性能の向上
・内部参照マイクのノイズ低減性能を最適化し、音声品質を向上

▼LUMIX GH5
http://panasonic.jp/dc/g_series/gh5/

◉DC-G9(ファームウェアバージョン1.1)

【1】追加の新機能紹介
●味わい深いフィルムの表現を追求したフォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載

●アナログライクなフィルムの質感を表現できる「粒状」モードを搭載

【2】その他、追加の新機能紹介
●カスタムメニューに、フォーカスリング操作を無効にしてピント位置を固定する、「フォーカスリングロック」機能を追加

●WB/ISO/露出補正ボタンを「押している間」設定変更できる機能を追加

●カスタムメニューの「操作ロック設定」に、「ダイヤル」を追加

●暗所での撮影時に、モニターに表示する被写体を確認しやすくする「ライブビューブースト」を追加

●「マニュアルフォーカスアシスト」の拡大倍率を最大20倍にアップ

【3】主な性能改善、使用性の向上
●オートフォーカス性能の向上

●ボディ内手ブレ補正性能の改善

●音声性能の向上

●ハイレゾモードの改善
・ハイレゾモードの動き補正性能を向上
・ハイレゾモード撮影時の絞り値はF11まで

▼LUMIX G9 PRO
https://panasonic.jp/dc/g_series/products/g9pro.html

◉DC-GH5S(ファームウェアバージョン1.1)

【1】追加の新機能紹介
●味わい深いフィルムの表現を追求したフォトスタイル「L.モノクロームD」を搭載

●アナログライクなフィルムの質感を表現できる「粒状」モードを搭載

【2】その他、追加の新機能紹介
●カスタムメニューに、フォーカスリング操作を無効にしてピント位置を固定する、「フォーカスリングロック」機能を追加

●WB/ISO/露出補正ボタンを「押している間」設定変更できる機能を追加

●カスタムメニューの「操作ロック設定」に、「ダイヤル」を追加

【3】主な性能改善、使用性の向上
●オートフォーカス性能の向上

●音声性能の向上

▼LUMIX GH5S
https://panasonic.jp/dc/g_series/products/gh5s.html