EIZO、HDR表示対応の27型4Kモニター ColorEdge CS2740-X を発表


EIZO株式会社は、映像制作用のHDR表示に対応した27型・4K UHD3840×2160)解像度のカラーマネージメント液晶モニター『ColorEdge CS2740-X』を423日に発売する。価格はオープン価格で、EIZO直販価格が291,500円(税込)

ColorEdge CS2740-Xは、27型の広い制作スペースに4K UHD3840×2160)の高解像度表示で、3DCG・ゲームなどの動画や、映画・放送のコンテンツ制作に適したモニターで、201910月発売のColorEdge CS2740の派生機種となる。

新たに映像制作用のHDR表示に対応。映画や放送の国際規格に準じるカラーモードを豊富に標準搭載し、幅広いHDRコンテンツの制作・色確認に活用できる。カラーモードは、モニターの前面ボタンから簡単に切替えでき、制作プロジェクトに合わせた色管理を行える。 また、短時間で高精度なキャリブレーションを行える専用ソフトウェア「ColorNavigator 7」に対応し、カラーモードの再調整の他、調整目標を設定してキャリブレーションができる。

 

CS2740-Xで新たに追加した特長

Hybrid Log Gamma方式とPQ方式、両方のHDR特有のガンマ(EOTF)に対応

CS2740-Xは、放送向けの「Hybrid Log Gamma方式」と、配信・映画制作向けの「PQ方式」、両方のHDR入出力特性に合った表示ができるため、HDRコンテンツの制作・色確認作業に適している。「Hybrid Log Gamma方式」は、HDRの国際標準規格であるITU-R BT.2100に、「PQ方式」は、ITU-R BT.2100およびSMPTE ST2084に準拠している。

 

映像制作をサポートするカラーモードを搭載

デジタルシネマ規格である「DCI-P3」や、4K/8K放送の色基準となる「BT.2020」など、国際規格で定められた色域とガンマを再現する豊富な映像制作向けカラーモードを標準搭載。カラーモードは、モニターの前面ボタンから簡単に切替えできる。

 

USB Type-Cケーブル・DisplayPortケーブルに加え、HDMIケーブルを付属

USB Type-CDisplayPortHDMI3系統の入力端子を装備。映像制作市場で使用頻度の高いHDMIケーブルも付属している。

 

◉製品情報
https://www.eizo.co.jp/products/ce/cs2740-x/

EIZO株式会社
http://www.eizo.co.jp/