キヤノン、EOS R5の仕様をさらに公開。8KはRAW動画、4K/120pハイスピード撮影対応、10bit Canon Logも。


キヤノンは開発発表中のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」に関し、4月21日、仕様の一部を追加公開した。「EOS Rシステム」は、レンズ設計の自由度を高める大きなマウント径とショートバックフォーカス、レンズとカメラ間の高速通信システムという特長を備え、高画質化と利便性の向上を実現するイメージングシステム。現在開発中の次世代フルサイズミラーレスカメラ EOS R5は、「EOS Rシステム」の特長を生かし、さらなる高速連写や8K動画撮影を実現し、映像表現の幅を広げることを目指している。今回の追加公開は動画ユーザーが知りたい部分が盛り込まれており、特に4Kでのハイフレームレート撮影、そしてRAW記録に対応したというのが大きなポイントだろう。以下の通り。

 

4月21日公開の仕様

【動画撮影】
・4:2:2 10bit Canon Log (H.265)
・4:2:2 10bit HDR PQ (H.265)

8K動画
・RAW動画撮影可能

4K動画
・フレームレート119.88fpsを実現
・4K 59.94fps外部出力可能

【手ブレ補正】
・ボディ内5軸手ブレ補正
+レンズ光学手ブレ補正とあわせた協調制御を実現

【デュアルスロット対応】
・CFexpress、SD UHS-II

3月13日までに公開されていた仕様

・新開発フルサイズCMOSセンサー
・電子シャッター使用時 最高約20コマ/秒、
メカシャッター使用時 最高約12コマ/秒の連写性能
・AF被写体検出「犬・猫・鳥」の「全身・顔・瞳」に対応
・ボディ内手ブレ補正機構とレンズ内手ブレ補正機構を協調制御
・デュアルスロット対応
・クラウドプラットフォームimage.canonへ画像自動転送機能
・8K動画撮影
・静止画切り出し可能
・高画質な4K動画に加工可能
・フレームレート29.97fpsを実現
・水平方向クロップなしでの撮影可能
・全モードでデュアルピクセルCMOS AF可能
・内部記録可能

EOS R5の 商品ページ
https://cweb.canon.jp/eos/special/eos-r/r5/