富士フイルム、開放F値1.0の大口径中望遠単焦点レンズ フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WRを発表


富士フイルム株式会社は、デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップとして、『フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR』を9月24日より発売する。価格は、200,000円(税別)。

『XF50mmF1.0 R WR』は、50mm(35mm判換算:76mm相当)の焦点距離を備えた大口径中望遠単焦点レンズ。開放F値1.0の明るさを活かし、なめらかで美しいボケ味を実現。高性能なAFにより素早く正確にピントを合わせることもできるため、被写体を際立たせたハイクオリティなポートレート撮影が可能。

大口径レンズの採用などにより、同社デジタルカメラ用交換レンズ史上最も明るい開放F値1.0を実現。高度な光学技術により球面収差をコントロールすることで、なめらかで美しいボケ味を活かした写真撮影が可能。さらに、素早く正確なピント合わせが可能なAF機能を搭載。被写体の一瞬の表情も捉えることができるため、ハイクオリティなポートレート撮影を実現。また、小型軽量な「Xマウントシステム」を活かした設計により、開放F値1.0の極めて明るいレンズながら質量845g・全長103.5mmに抑え、優れた携帯性を発揮。防塵・防滴・-10℃の耐低温構造も実現するなど、高い実用性を備えている。

▲「XF50mmF1.0 R WR」ミラーレスデジタルカメラ「X-T4」装着時

 

 

主な特長

(1) 開放F値1.0の明るさによりなめらかで美しいボケ味を実現
・大口径レンズの採用などにより、開放F値1.0の明るさを実現。また、非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚を含む9群12枚のレンズ構成とすることで球面収差をコントロール。なめらかで美しいボケ味を可能とし、被写体を際立たせた写真撮影を実現する。

・高い解像性能を備えているため、絞り込むことでシャープな描写も可能。1本で様々な写真表現が楽しめる。

▲非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚を含む9群12枚のレンズ構成を採用。

▲なめらかで美しいボケ味により被写体を際立たせた写真を実現。

 

 

(2) 素早く正確に被写体を捉えるAFを実現
・大型レンズの駆動に適したDCモーターと、当社デジタルカメラに搭載している像面位相差AFとの組み合わせにより、スムーズなAFを実現。高いピント精度が求められる、浅い被写界深度を活かした撮影でも、素早く正確に被写体を捉えることができる。

・デジタルカメラの顔・瞳AF機能に対応。被写体の一瞬の表情を捉えることができ、ポートレート撮影で威力を発揮。

・高い集光力を備えているため、従来のAF低照度限界-6EVを超え、暗闇に近い-7EVの環境下でもスムーズなAFを実現。夜景撮影など光量の少ない場合でも、手ブレやノイズを抑えつつ、被写体を正確に捉えた高画質な写真撮影を楽しめる。

 

(3) 高い実用性を発揮
・小型軽量な「Xマウントシステム」を活かした設計により、開放F値1.0の極めて明るいレンズながら質量845g・全長103.5mmに抑え、優れた携帯性を発揮。

・鏡筒の11ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。小雨や土埃が舞うアウトドアの環境下でも、安心して使用できる。

・マニュアルフォーカスリングの分解能を向上。回転角を120°とし、小さな動きでリングを回すことができるため、最短撮影距離から無限遠までの間でピント位置を素早く調整できる。また、滑らかな操作性も実現。指先の微細な動きにより精緻なフォーカシングを行える。

 

◉製品情報
https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/lenses/xf50mmf1-r-wr/

富士フイルム会社
https://fujifilm.jp/index.html