富士フイルム、ユーザー向けイベント「FUJIFEST GLOCAL2019」を東京国立博物館で10月26日に開催


富士フイルムは、GFX・Xシリーズのユーザーイベント「FUJIFEST GLOCAL2019」を東京国立博物館で10月26日(土)に開催する。WEB事前登録で入場料が無料。

「FUJIFEST」とは、世界規模で広がるGFX・XシリーズファンにおくるFUJIFILM主催のファンミーティング。今回、東京は上野の東京国立博物館敷地内にある表慶館を舞台に、GFX・Xシリーズを徹底的に楽しむイベント「FUJIFEST GLOCAL 2019 東京」が開催される。

本イベントでは、第2回「 X Summit」で開発発表された「FUJIFILM X-Pro3」をはじめとしたGFX・Xシリーズの最新機種を体験できるタッチ&トライ、トップフォトグラファー・クリエイター達によるトークショー、ギャラリー展示、さらに無料クイックメンテナンスサービス(予約制)やプロの写真家と巡るフォトウォークといった様々なコンテンツが用意されている。

また、本イベントの特別企画としてシアタールームでは、X-Pro3の商品化プロセスを舞台に、世界規模で展開されるドキュメンタリーをワールドプレミアで公開する。

イベント概要

■タッチ&トライ

第2回「 X Summit」で開発発表された「FUJIFILM X-Pro3」をはじめとしたXシリーズ最新機種や、1億画素を有する超高画質ラージフォーマットカメラシステム「GFX」を実際に手に取って試すことができる。また、Cosinaブースでは、VMマウントレンズと新製品「VM-X Close Focusアダプター」を展示。Xシリーズに装着して各レンズの描写を体験できる。

■クイックメンテナンスサービス

使用しているGFX / Xシリーズデジタルカメラ・レンズなどの外観クリーニング、簡易動作チェック、ファームウエアアップデートを同社専門スタッフが行う。時間指定での予約を先着順でウェブにて受付。また、当日その場での受け付けも可能。

■フォトウォーク

写真家と一緒に撮影しながら散策するフォトウォーク。撮影後はSNSにアップされた写真を見ながらXシリーズの最新モデル「FUJIFILM X-Pro3」について語る。希望者には先着で「FUJIFILM X-Pro3」を無料で貸し出し。

■トークショー

人気の写真家たちによる、Xシリーズ、GFXを使用して感じたインプレッションを本音も交えながら語るトークショー。

■シアター

zXシリーズというカメラを媒介にFUJIFILMとX-Photographerが持つ、その特別な関係。X-Pro3の商品化プロセスを舞台に、世界規模で展開されるドキュメンタリーをワールドプレミアで公開。
各回100席限定、完全入れ替え制 ※立ち見可。放映時間は60分を予定。

 

開催日:2019/10/26(土)
開催時間:10:00 – 20:00
場所:表慶館 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館敷地内
入場ゲート:黒門(旧因州池田屋敷表門)※東京国立博物館の入口と本イベントの入口は異なる。
入場料:620円 ※東京国立博物館の入場料。

 

◉詳細情報
https://fujifilm-x.com/ja-jp/special/fujifest-glocal-tokyo-2019/

富士フィルム会社
https://fujifilm.jp/index.html