第6回グリーンイメージ国際環境映像祭が、2月22日〜24日に開催


第6回グリーンイメージ国際環境映像祭が、2月22日(金)〜24日(日)に東京・日比谷図書文化館で開催される。

グリーンイメージ国際環境映像祭は、国内外の環境映像を毎年募集し、優れた作品を選び、年に一度開催する国際的な環境映像祭。世界48の国と地域から応募された163作品の中から2度の審査を通して選ばれたグリーンイメージ賞 受賞10作品を上映、最終日には、グリーンイメージ大賞が決まり、上映される。

受賞作品はアメリカ、石川県加賀市、イラン、京都、シンガポール、セネガル、ブラジル、フランス、宮城県南三陸町、ロシアで製作されたドキュメンタリーとアニメーション。題材はエクアドルの熱帯雨林と先住民、狩猟とコミュニティ生きものの現在、食といのち、ゴミを出さない生活、私たちが消費しているモノと生産地、東日本大震災の津波により被災した小さな漁村、故郷とダムなど多岐にわたっている。

上映に加えて、狩猟、東北、アフリカをテーマとした制作者を交えた3つのトークセッションと特別プログラムもある。

 

開催概要

日時:2019年2月22日(金)・23日(土)・24日(日)
会場:日比谷図書文化館コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1-4地下1階)

参加:協力費1日1,500円 学生協力費1日1,000円 3日間通し券3,000円
中学生以下無料・事前予約不要

◉チケット購入 https://giff6.peatix.com/
上映プログラムの詳細 https://green-image.jp/filmfestivals/6th/

トークセッションと特別プログラム

「猟の世界に踏み入れる 今なぜ狩猟なのか?」
今井 友樹さん『坂網猟-人と自然の付き合い方を考える』監督
川原 愛子さん『けもの道 京都いのちの森』監督
千松 信也さん 猟師
竹山 史朗さん モンベル広報部本部長

「東北を語る-記録を続けて伝えたいこと
我妻 和樹さん『願いと揺らぎ』監督
山田 徹さん『新地町の漁師たち』監督

「「2050年」のアフリカを語る」
小松原 茂樹さん 国連開発計画(UNDP)アフリカ局 TICAD プログラムアドバイザー
紀谷 昌彦さん 外務省 中東アフリカ局アフリカ部国際協力局参事官アフリカ開発会議(TICAD)担当大使
若林 基治さん 独立行政法人国際協力機構アフリカ部次長
清水 貴夫さん 京都精華大学アフリカ・アジア現代文化研究センター設立準備室研究コーディネーター
・総合地球環境学研究所・文化人類学者
合田 真さん 日本植物燃料 代表取締役

特別プログラム「在来馬等の里山での育成を考える
 はたらく馬と生きる人たち-現代社会で馬と人がつくる暮らし・仕事」
岩間 敬さん  馬搬振興会 代表理事・馬方
中川 剛さん  木曽馬保存会
塚田 直子さん 馬搬・馬耕研修生

 

◉グリーンイメージ国際環境映像祭
https://green-image.jp/