バレットタイム撮影で話題を集めたInsta360 ONEの後継機・Insta360 ONE Xが登場


映画『マトリックス』のようなバレットタイム撮影が手軽に楽しめる360度カメラとして話題を集めたInsta360 ONE。中国深センのArashi Visionは、その後継機にあたるInsta360 ONE Xを発表した。価格は52,300円、本日より同社公式サイトやハコスコにて購入でき、順次出荷開始を予定している。

 

ONE Xは最大5.7K/30pの360度動画撮影が可能なVRカメラ。4Kのフレームレートは最大50p、3K時は最大100pとなっている。前モデルのONEでは発売後のファームウェアアップデートでサポートされた、強力な手ブレ補正技術「Flowstate」を今回のモデルにも搭載している。また、ONEではバッテリーは内蔵されていたが、1200 mAhの交換式バッテリーが採用されている。

 

◉ボタン配置や装備端子

▲前面には録画モードと録画時間、バッテリー残量等のステータスLED。録画ボタン。右側面は充電・データ転送用のmicroUSB。左側面にはバッテリースロット。

 

▲天面にはマイク。底面には三脚穴とmicroSDカードスロットが備えられている。

 

 

◉製品紹介動画

「ONE X」のアプリの新機能「TimeShift」(動画の1分3秒あたりで紹介)は、360度映像から好きなアングルを切り出し、撮影した映像の好きなシーンを好みの速度で再生できるというもの(いわゆるタイムリマップ)。指定した被写体をトラッキングする機能なども搭載される。また、タイムラプスやハイパーラプスの撮影機能も備えられている。そして、ONEで実装されたバレットタイム撮影機能は720pの画質だったが、3K(3008×1504)解像度に向上している。

◉Wi-Fiの採用でリモートプレビューに対応

前モデルではLightning端子でiPhoneに接続しなければライブビュー映像を見ることはできなかったが、接続方法にWi-Fi(5GHz帯・日本の技適取得済み)接続が追加され、遠隔でライブビュー映像を見ながらの撮影が可能になった。撮影した映像をスマホに転送する際は、Wi-Fiもしくは変換ケーブル接続で転送することができるという(Lightning、USB Type-C及びmicro-USB変換ケーブルは付属)。

 

◉カメラの発売に合わせてアクセサリーも

【潜水ケース&防水ケース】

潜水ケース:9,980円

防水ケース:6,880円

▲( 左)潜水ケース、(右)防水ケース。

 

ONE Xには二種類の専用ケース用意されており、「防水ケース」は、水上スポーツ専用に設計され、水の流れる環境や水深5m以内でも使用でき、「潜水ケース」は、水深30m以内までの水中で綺麗な360度映像を撮れるように設計されている。

▲潜水ケースの使用例。

 

▲防水ケースの使用例。

 

【GPSスマートリモコン】

6,880円

別売りのGPSスマートリモコン(Bluetooth接続)を使うと、撮影と同時に写真や動画にGPS情報が自動的に記録されていく。このGPS情報によって、撮影した写真や動画を簡単にGoogleストリートビューにアップロードすることができ、さらにリモコンを使って撮影した動画には、アプリで速度、方向、標高、位置、ルート情報などを表示することができるようになるという。

▲GPSスマートリモコンで撮影した動画には、アプリで速度や走行ルートなどの情報を追加できる。

 

【ドリフトダーツ】

価格未定

カメラを装着して、放り投げて使うユニークな形状のアクセサリー・ドリフトダーツ。

▲ドリフターの使用例。

 

【デュアルバッテリーチャージングドック】

6,000円

バッテリーを同時に2つ充電できる。満充電にかかる時間は60分とのこと。

 

●Insta360 ONE Xの製品情報

https://www.insta360.com/product/insta360-onex