角川大映スタジオ、「バーチャルプロダクションスタジオ」を3月にオープン〜約6Kサイズのソニー Crystal LED VERONAを設置


株式会社角川大映スタジオは、2024年3月下旬から角川大映スタジオ内のNo.Cステージに、約6Kサイズのソニー製 Crystal LED VERONAを設置し、大型LEDディスプレイを活用したインカメラVFXを中心とするバーチャルプロダクションおよび制作ソリューションを提供する。

これにより、同スタジオは映像及び映画スタジオとして新しい映像表現を可能にする技術の取得と将来的なニーズに沿ったVP開発を進め、新たなサービスの提供を開始するとしている。

 

リアル美術とバーチャル美術の融合

最先端のテクノロジーと歴史ある美術製作技術力を用いてバーチャル空間の美術製作を行い、作品のクオリティを左右するリアル美術とバーチャル美術世界のボーダーレスを実現。

VPを用いた撮影で重要なセクションのひとつである、VAD(Virtual Art Department)によるプリビズなどのテック分野でのサービスも開始する。

 

希少なLEDディスプレイ昇降システムを採用

幅15m×高さ5.0mのメインLEDディスプレイを電動ウインチで制御し、約2.3mの範囲で昇降させる事が可能。これによりアングルやセットの高さの制限が解消され、自由な画作りが可能になる。

 

Partners

先端テクノロジーを使った新たな表現⼿法を追求する拠点「清澄⽩河BASE」を運営するソニーPCL株式会社と、国内で初めてUnreal Service PartnerとUnreal Authorized Training CenterとしてEpic Gamesの認定を受けている株式会社スタジオブロスより、技術的/⼈的⽀援を受け制作フローの最適化と効率化を図り、クリエイティビティな撮影空間の提供を⾏うとしている。

 

気候変動への取り組み

大型LEDディスプレイによる仮想空間を活用して、従来の美術セット廃棄量の50%減を実現。KADOKAWAグループの一員として、気候変動への対策が社会の喫緊の課題であると認識し、温室効果ガス削減や省エネルギー化に取り組み、環境負荷を減らしたサステナブルな事業活動を推進しているという。

 

スタジオスペック

住所:東京都調布市多摩川6-1-1 角川大映スタジオ No.Cステージ
仕様:スタジオ面積550㎡(167坪)、高さ8.0m、電気容量180kw(100V/200V併用)
LED:ソニー製Crystal LED VERONA
サイズ:横15.0m×高さ5.0m、キャビネット数300(ピッチサイズ2.31mm)、解像度6,480×2,160pixel、ROUND2.5°
設置:吊り下げ昇降式(可動域2,360mm)
送出システム:インカメラVFX:Unreal Engine 4.27 / 5.2対応
映像:ソニーPCL製 ZOET4
プロセッサー:Brompton Tessera SX40
トラッキングシステム:Mo-Sys StarTracker Max


 

株式会社角川大映スタジオ
https://www.kd-st.co.jp/

vsw