愛知県蟹江町が小酒井不木 原作のショートムービー 死体蝋燭の制作を発表


愛知県蟹江町は、シティプロモーションの一環として、町出身の探偵小説家・小酒井不木(こさかい ふぼく・1890(明治23年)~1929年(昭和4年))のミステリー作品「死体蝋燭」を原作としたショートムービーを制作したことを発表した。3月30日より公開。

小酒井不木は蟹江町出身の医学者で、翻訳家、作家としても活躍し、江戸川乱歩、横溝正史らとも親交があり、多くの作品を世に残した日本探偵小説界の草分けといえる人物。39歳の若さで急逝したものの、大正から昭和初期のわずか5年あまりの間に140作以上もの作品を執筆し、高い評価を得た。しかしその作品の多くはすでに絶版となり、現在その一部がパブリックドメインとしてインターネット上で読める状況にすぎないという。そこで蟹江町では時代の波に埋もれつつある不木の作品群にスポットを当てるべく、小酒井不木生誕130年を記念し、映画監督・堤幸彦氏の協力を得て、短編ミステリー「死体蝋燭」をショートムービーとして蘇らせた。

主演には、堤監督とも親交が深く、日本舞踊・五大流派の一つ「西川流」家元で、「名古屋をどり」でも有名な西川千雅氏を迎え、約13分と短いながらもミステリアスな雰囲気に満ちあふれた作品となっている。

▲堤幸彦監督(左)、西川千雅氏

 

「ミステリーの町・蟹江町」がお届けする衝撃の作品は、Youtubeにて視聴可能。また、蟹江町では、この度第1弾として制作した「死体蝋燭」を皮切りに、第2弾、第3弾の制作も計画しているという。

 

「死体蝋燭」のあらすじ
ある嵐の晩、和尚と小坊主の法信は寺の本堂から怪しげな物音を聞く。暗闇のなか蝋燭の灯りだけを頼りに見回りをする2人。すると、怯える法信に対して和尚の口から蝋燭に隠された衝撃の事実が告げられる…

「死体蝋燭」(本編13分)

 

「死体蝋燭」(告知30秒)

 

 

蟹江町HP
https://www.town.kanie.aichi.jp/soshiki/3/short-movie.html