リーベック、安定した自立を実現するミニ三脚の『TH-M』を発表


リーベック(平和精機工業)は、高い自立性能はそのままに利便性や操作性、メンテナンス性をさらに改良した「HFMP」の後継機『TH-M』を2019年12月に発売する。価格は、ヘッドなしの『TH-M』(写真左)が24,000円、ビデオヘッド「TH-X H」付きセットモデル『TH-M KIT』(写真右)が41,000円(ともに税別)。

HFMPとTH-Mの変更ポイント

・パーフェクトロック
『TH-M』ではミニ三脚部分をフットペダルでロックさせると、ポール部分が回転しなくなりる。「HFMP」では操作がしづらかった、ミニ三脚ロック時のヘッド部分のパン操作をスムーズに行うことができるようになった。これによりマニュアルフォーカスとパン操作の両方を駆使した撮影を快適に行える。

・ヘッド取付部分の変更
HFMPでは3/8”ネジのヘッドや機材しか取り付けできないが、TH-Mでは1/4”ネジにも対応。3/8”ネジの中に1/4”ネジが収納されているので、どちらのネジでもそのまま簡単に取り付けることができる。

・メンテナス性の向上
フットペダルとミニ三脚のデザインを改良し、土や泥などの汚れを拭き取りやすい形状になっている。

 

その他の主な特長

・自立状態での高い安定性
倒れにくいことを第一に考えて設計されたTH-Mは自立状態で高い安定性を誇る。一脚が固定された状態であれば、手を放した状態で別の作業をすることができる。

 

・ワンタッチ切り替え
ミニ三脚部に搭載された独自機構のフットペダルを足で踏むことで、一脚固定のON/OFFが瞬時に切り替え可能。撮影と移動を頻繁に行う現場において、機材準備の時間を飛躍的に軽減する。従来の一脚が抱える機材交換などのわずらわしさを解消し、撮影の機動力を高める。

・スムーズな回転動作
埃や異物の混入を防ぐ内蔵型ボールジョイントにより、 スムーズな回転動作を実現。

・簡単な高さ調整
モノポッドに刻まれた目盛りにより、簡単かつ正確に高さ調節することができる。高さを頻繁に変える撮影現場で効果を発揮する。

・スピーディーな開閉操作
側面のボタンを押すことにより、ワンタッチでミニ三脚を折り畳むことができる。また、最後まで開脚するとロックが掛かり、安心して撮影に臨める。

 

・デュアルヘッド仕様のパン・ティルトヘッド(TH-M KITのみ)
パン・ティルト機能のあるデュアルヘッド仕様により、一脚だけでなく、65mmボール三脚やフラットベース三脚、スライダーやスケータードリー等に取り付けて使用することができる。

・マンフロット/ザハトラー互換の スライドプレート(TH-M KITのみ)
Manfrotto、Sachtler互換のスライドプレートとワンタッチ着脱機構により、撮影現場であらゆる機材からプレートを変えずに素早いセッティングが可能。

 

◉製品情報
https://www.libec.co.jp/products/th-m/features.html

リーベック|平和精機工業株式会社
http://www.libec.co.jp