ロジクール、Blueマイクロフォンズの宅録用・ミュージシャン向けマイク Blue XLRシリーズを発売


株式会社ロジクールは、Blueマイクロフォンズの「Blue XLRシリーズ」3製品を7月15日より発売する。価格はオープン価格で、市場想定価格(すべて税込)は以下のとおり。

・Spark SL XLR コンデンサーマイク :24,970円
・Bluebird SL XLR コンデンサーマイク :32,780円
・Baby Bottle SL XLR コンデンサーマイク:43,780円

XLRマイク3製品は、20世紀を代表するレコーディングマイクの「Bottle」のように最高級のビンテージマイクの伝統を踏襲しながら、最先端技術と革新的なエンジニアリングを実現。

別途ミキサーやオーディオインターフェイス、XLRケーブルを用意してPCに接続する必要があるが、ポッドキャストからボーカル、楽器まで様々な場面においてプロクオリティのサウンドを得られる。また、マイクのサウンドキャラクターを選べることも特徴。

 

▲写真左から『Spark SL XLR コンデンサーマイク』、『Bluebird SL XLR コンデンサーマイク』、『Baby Bottle SL XLR コンデンサーマイク』

 

製品特長

■プロ志向の録音、ストリーミングに最適なXLRマイク
カスタムのコンデンサーカプセルを搭載しており、Blueマイクロフォンズの伝統的なスタジオクオリティのサウンドを提供する。3製品はそれぞれ特徴的なサウンドキャラクターを持っており、好みや用途に応じて最適なマイクを選ぶことができる。

・Spark SL:繊細で透明感のあるサウンド
・Bluebird SL:モダンかつ非常にクリアなサウンド
・Baby Bottle SL:クラシックな暖かみと存在感のあるサウンド

 

■切り替えスイッチ
100Hzのハイパスフィルターと20dBの減衰パッドのスイッチを本体に備えている。低音ノイズが気になる時や、迫力のある歌声や、大音量のギターアンプ、ドラムなどのレコーディングに便利。

また、OKAMOTO’Sのオカモトショウさんが「Blueマイクロフォンズ」アンバサダーに就任。OKAMOTO’Sのオカモトショウさんが「Blue XLRシリーズ」3製品をスタジオで試用し、その様子を納めたティザー動画とインタビューを発売に先駆けて公開した。

 

ティザー動画

 

 

製品比較動画

 

 

◉製品情報

Spark SL XLR コンデンサーマイク
https://www.bluemic.com/ja-jp/products/blackout-spark-sl/

Bluebird SL XLR コンデンサーマイク
https://www.bluemic.com/ja-jp/products/bluebird-sl/

Baby Bottle SL XLR コンデンサーマイク
https://www.bluemic.com/ja-jp/products/baby-bottle-sl/

 

株式会社ロジクール  www.logicool.co.jp