パナソニック、フォトキナ2018で発表。次の新型ルミックスはフルサイズ!!<LUMIX Sシリーズ>


2018年9月26日~29日の日程で行なわれるフォトキナ2018(ケルンメッセコングレスセンター)に先立ち、パナソニックは9月25日12時30分よりLUMIXプレス発表会を開催。イメージング戦略をはじめ、次世代新型ミラーレス一眼の開発発表、および新レンズの開発発表を行なう。
パナソニックのミラーレス一眼といえば、マイクロフォーサーズのGH5/GH5Sが圧倒的な存在感を示しているが、来春登場予定という新シリーズ<S>はフルサイズセンサー、かつ動画面もGH5系とならぶ4K/60pはもちろん、今後の追い込みで可能なかぎり上を目指すとのことで、大変注目される発表と言える。

CHECK!!
LUMIX LIVE @ Photokina 2018
ライブ映像 はコチラ

来春発売される予定の新LUMIXは2モデル、どちらもフルサイズセンサーで写真解像度を追求する4,700万画素の「S1R」と、ハイブリッドフォトクリエイターに向けた2,400万画素タイプの「S1」となる。

マウントは長年、協業関係を築いてきたライカ社のLマウントを採用。同社のレンズ群を活用できるほか、新型カメラの登場にあわせてパナソニックから「Sレンズ」として「50㎜/F1.4」「24-105㎜」「70-200㎜」と3本のレンズも登場。今後も2020年末までに10本以上、Sレンズリリースを予定しているという。

Panasonic公式サイト