マンフロット、動画撮影用のカメラケージとベースプレートを発売


マンフロットは、動画撮影用のカメラケージ(3サイズ)とベースプレートを2月1日より発売する。カメラケージは、SとMが55,000円、Lが75,000円。ベースプレートが35,000円(いずれも税別)。

カメラケージをミラーレスカメラや一眼レフカメラに装着することで、木製ハンドルを片手で握り快適に動画撮影が行える。また、モニター、ライト、マイクなどを接続した高度な動画撮影が可能になる。本製品は、米国 WoodenCamera社(マンフロットが属するVitecGroup傘下)との共同開発により実現した。

カメラケージの特長

●3つのサイズ
S/M/Lの3サイズ。高さ調節も可能で、カメラボディのサイズに合わせてぴったり装着できる。

●木製ハンドル
カメラケージの木製ハンドルを持って行うことで、カメラボディを直接持って行うのに比べ、片手で安定した撮影が可能。ハンドルの向きは変えられる。

●アクセサリーの装着
各部に1/4”メスネジが多数備えられ、各種アクセサリーが接続可能。トッププレート部には、3/8”メスネジ(マンフロットのアンチローテーション対応)が2つ備えられ、マンフロットのフリクションアーム 244MICRO-AR などの接続に便利だ。ハンドルマウント部には、コールドシューと15mm径ロッド用クランプ(左右方向に挿入)を備えている。

●15mm径ロッドの使用
カメラケージの下に前後方向に15mmロッドを装着することで、より高度な動画撮影が可能に。カメラケージLは、カメラの下前方方向に15mm径ロッドを2本装着できるロッドクランプを備える。MとSは、同時発売のベースプレート(MVCCBP)を下に装着することで15mm径ロッドを前後方向に装着できる。

カメラケージ・仕様

製品名:MVCCS カメラケージS
大きさ(幅×高さ×奥行):約11.4×21.6×15.2cm
自重:450g(アルミニウム製)
カメラ最大高さ:約10cm

製品名:MVCCM カメラケージM
大きさ(幅×高さ×奥行):約11.4×24.1×15.2cm
自重:540g(アルミニウム製)
カメラ最大高さ:約13.5cm

製品名:MVCCL カメラケージL
大きさ(幅×高さ×奥行):約11.4×29.2×15.2cm
自重:590g(アルミニウム製)
カメラ最大高さ:約18cm

確認済の対応カメラについては製品詳細MVCCSMVCCMMVCCL)を参照。

▲MVCCS 使用例

ベースプレート・仕様

製品名:MVCCBP カメラケージ用15mmベースプレート
大きさ(幅×高さ×奥行):約14.0×3.8×11.4cm
自重:230g(アルミニウム製)
対応カメラケージ:MVCCS,MVCCM
製品詳細 https://www.manfrotto.jp/camera-cage-15mm-baseplate

▲MVCCBP(上)とその使用例(下)

 

マンフロット株式会社
https://www.manfrotto.jp/