マウスコンピューター、4K有機ELパネル採用の最新マルチコアCPU・高性能グラフィックスを搭載した15.6型ノートパソコンを発売


株式会社マウスコンピューターは、クリエイター向けブランド「DAIV」の4K有機ELパネル採用、8コア16スレッドの第10世代インテルCPUと、高性能グラフィックスGeForce RTX 2060を搭載した15.6型ノートパソコン『DAIV 5N-OLED』を8月11日より発売した。価格は、209,800円〜(税別)。

 

製品特長

【1】Windows 10のHDR機能に対応した広色域な4K有機ELパネルを採用
有機ELパネルを採用することで、色にじみが起こらず、鮮やかなグラデーションやはっきりとした黒を描くことができる。加えて、Windows 10のHDR機能や、DCI-P3比100%の広色域に対応することで、映像制作や3DCGに適した豊かな映像表現が可能。また、本体内蔵のパネルも4K解像度のため、広い作業領域を確保することができる。

【2】最新第10世代マルチコアCPUと高性能グラフィックスを搭載
最新のマルチコアCPU 第10世代インテルCore i7-10875Hプロセッサーの採用により、コア数が従来製品の6コアから8コアに増大したことで、処理速度が強化。さらに、高性能グラフィックスGeForce RTX 2060を搭載することで、写真編集や動画のエンコード、3DCGのレンダリングや映像制作でも快適に使用できる。

【3】豊富なインターフェースにより1台で完結可能な高い拡張性を実現
映像出力ポートは、HDMI・Mini DisplayPort・USB Type-C(DP Altモード)Thunderbolt 3を備えることで、最大3画面の外部出力が可能。また、高速なデータ転送が可能なUHS-II対応のSDカードリーダーを標準採用しているほか、最大3台もの大容量な内臓ストレージなどのカスタマイズに対応しており、外付けストレージや変換アダプタなどを持ち運ぶ手間がかからない。

【4】最新の高速・低遅延の無線規格Wi-Fi 6に標準対応
Wi-Fi 6に対応した無線LANモジュールを搭載しており、対応ルーターと組み合わせることでLANケーブルの取り回しが難しいスペースにおいても、クラウドストレージやNASといったネットワークストレージとの高速な連携が可能。

【5】RGBバックライトキーボードを採用した、テンキー付き日本語キーボード
RGBバックライト付きのキーボードを搭載いたしました。また、従来製品よりもキーピッチを約19mmに広げ、余裕のあるレイアウトを実現。

 

仕様詳細

OS:Windows 10 Home
CPU:インテル Core i7-10875H プロセッサー
メモリ:16GB
ストレージ:512GB NVMe SSD
グラフィックス:GeForce RTX 2060

 

◉製品情報
https://www.mouse-jp.co.jp/creator/note/5n-oled/

DAIV公式ホームページ
https://www.mouse-jp.co.jp/creator/

株式会社マウスコンピューター
https://www.mouse-jp.co.jp/

vsw