NHK、200万画素ハイビジョン解像度相当の3次元映像表示システムを開発発表


NHKは、特別なめがねを⽤いずに⾃然な3次元映像を楽しむことができる3次元テレビの研究開発を進めていることを発表した。

今回、被写体からの光線を再現する「アクティナビジョン」と呼ぶ独⾃の3次元映像表⽰⽅式で、“ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の⾼精細な3次元映像”を表⽰するシステムを開発。

同⽅式では、被写体からの光線を、⽔平・垂直に異なる位置(視点)から撮影した多視点映像で再現。この多視点映像の視点数と解像度を⾼めることで、⾒ている⼈が⽔平・垂直⽅向に動いた場合も、⾼精細で⾃然な3次元映像を表⽰することができる。

今回開発したシステムでは、72視点分の多視点映像を⽤いる。画素ずらし機能を持つ8Kプロジェクターで、この多視点映像を⾼解像度化し、特殊な光学系を⽤いて、⾼解像度化された72視点分の多視点映像の光線の⽅向をずらして多重表⽰することで、これまでNHKが開発してきた約30万画素の3次元映像表⽰システムから、ハイビジョン解像度相当へと、⼤幅な⾼精細化を実現した。

 

▲本システムの原理

▲本システムの外観

▲3次元映像の表⽰例

 

表⽰装置と3 次元映像の仕様