ニコン、「ニコン Z マウントシステム」対応の大口径望遠ズームレンズ 『NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S』を発表


 

株式会社ニコンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の、高性能大口径望遠ズームレンズ『NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S』を2月14日に発売する。予約販売受付は、1月9日10時より開始。価格は322,300円(税別)。

『NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S』はNIKKOR Z レンズの「S-Line」に属し、70-200mmの焦点距離全域を明るい開放F値2.8一定でカバーする望遠ズームレンズ。望遠ズームレンズでありながら、広角端での最短撮影距離はクラス最短の0.5mを実現。また、レンズ交換式カメラ用「NIKKOR」レンズ史上最高の手ブレ補正効果5.5段を達成。近距離から無限遠まで撮影距離を問わず、絞り開放から、画像周辺部まで高い解像力を発揮する。

静止画だけでなく動画撮影での使いやすさも追求。静止画同様の卓越した解像力に加え、AF駆動にSTM(ステッピングモーター)を採用することで、より一層の静音化を実現している。また、ズーミング時にピントがズレてしまうバリフォーカル、フォーカシング時に意図せず画角が変化してしまうフォーカスブリージングを抑制。レンズ駆動音が動画に入り込むことや、ズーミング時のピントのズレやフォーカシング時の画角変動を気にせず撮影に集中できる。さらに、NIKKOR Z レンズに共通で採用している「コントロールリング」を使用することで、絞り値やISO感度、露出補正の変更をなめらかに制御し、自然な映像が得られる。

また、光学系には、新開発のSRレンズ(SR:Short-wavelength Refractive)1枚、蛍石レンズ1枚、EDレンズ6枚、非球面レンズ2枚を採用し、圧倒的な光学性能を実現。さらに、「マルチフォーカス方式」を採用することで、高速・高精度なAF制御の実現に加え、近距離撮影時の光学性能が格段に向上。これにより、近距離の被写体の撮影でも、諸収差を抑えた解像感の高い画像が得られる。加えて、ニコン独自のレンズ反射防止コーティング「ナノクリスタルコート」と「アルネオコート」の相乗効果で、入射光に起因するゴーストやフレアを効果的に低減。光源が画面内にある場合でも抜けの良いクリアーな画像が得られる。

 

主な特長

•SRレンズ、蛍石レンズ、EDレンズなどの採用により、ズーム全域で絞り開放から画像周辺部までの高い解像力を実現

•被写体をより一層際立たせる、開放F値2.8ならではの大きく美しいボケ

•望遠ズームレンズでありながら、広角端での最短撮影距離はクラス最短の0.5mを達成

•好評の望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」(2016年11月発売)同等のAF性能を実現し、動きの速い被写体の撮影時にも優れたパフォーマンスを発揮

•AF駆動系に「マルチフォーカス方式」を採用し、近距離の撮影でも収差の少ない優れた光学性能を発揮

•「アルネオコート」と「ナノクリスタルコート」のコーティング技術の組み合わせで、ゴースト、フレアをより効果的に抑制

•優れた描写性能を維持しながらも、レンズとボディーを合わせた小型・軽量化により「Z マウントシステム」として高い機動性を実現

•動画撮影時だけでなく、フォーカスシフト撮影時にも有効なフォーカスブリージングの抑制

•「コントロールリング」「レンズ情報パネル」「レンズFnボタン」の搭載で快適な撮影をサポート

•レンズ交換式カメラ用「NIKKOR」レンズにおいて史上最高の手ブレ補正効果5.5段のVR機構を搭載

•防塵・防滴に配慮した設計、マグネシウム合金製部品の採用による優れた耐久性、フッ素コート採用による高い防汚性能

 

◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_70-200mm_f28_vr_s/

株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/